楽天スーパーポイントで財産を増やす! 第2回


楽天アプリをとりあえず登録しまくる!

7月8日から始めた楽天経済圏へのお引越し。

まずは現状把握をしましたが、意外と楽天経済圏に入っていることを実感しました。ですが、よく見るとうまく活用できていない状態。。(´ε`;)

とりあえず楽天関係で使えそうなアプリをいろいろダウンロード。

ざっと以下のような感じになりました。結構いろいろあるんですね。。。

まずは楽天ペイを始めてみた!

正直アプリやサービスはまだまだありますが、徐々に活用して、いるものいらないものの選別を進めようと思います。

まずはこの企画を始めるきっかけとなった「楽天ペイ」を使うことにしました。

楽天ペイですが、還元率は200円で1ポイント(0.5%還元)となっています。

他のスマホ決済サービスは特に還元はない感じでしょうか(・_・?)

基本的にスマホ決済は口座に紐づいているパターンとクレジットカードに紐づいているパターンがあるようですね。それぞれチャージするときに還元がある場合は発生する仕組みのようです。

今回は楽天ペイの還元は当然ですが、どういう形でチャージするかでポイントの付き方が大きく変わる様でしたので、現在わかる範囲で最大のポイント還元がある方法を調べてみました!

基本のワザ(らしい)2重取りのテクニック

「楽天ペイ」はクレジットカードに紐づけることで、実際の決済はクレジットカードが行っている。という仕組みになっています。

クレジットカードがポイント還元付きのものなら、楽天スーパーポイントとそのクレジットカードのポイントがダブルでとれるわけです。ポイントの2重とりというやつですね。( ̄ー ̄)ニヤ

ここからが楽天経済圏の中毒性のある部分なんですが、楽天カードを紐づけることで、ポイント還元率が倍になります!

すなわち100円で1ポイント付与(1%還元)になります。これにクレジットカードを利用したことによる1%還元もあるので、トータルで2%還元になります。

楽天おそるべしです。\(≧U≦)/

さらに上の3重取りのテクニック

これでめでたしめでたし。としたいところですが、どうやらその上のテクニック。「3重取り」があるということがわかりました。いったい世の中どうなってるんでしょう。。Σ(oдΟ;)

それを実現するためのサービス。それが「kyash」です。下は「kyash」のアプリ画面です。

このサービスは、スマホ上にVISAカードの機能を持たせることのできるアプリです。わざわざカード会社にカードを発行依頼するまでもなく、その場でスマホがVISAカードになってしまうという代物です。「kyash」はプリペイド式カードですが、他のカードから自動チャージすることで、普通のVISAカードと同じ感覚で使えます。

これのなにがいいかというとポイント還元率が一律2%あるんです!

ホント、知らないと世の中損しますね。。(;・д・)

ここからが本題ですが、この「kyash」を使うとそれぞれのサービスにチャージすることができるんです。ただし、対応していないサービスもあるようです。「paypay」なども対応しているようですが、「Suica」はNGのようです。

残念。。(´ε`;)

そして、この「kyash」を利用した「3重取り」のカラクリはこうです。

1.「kyash」のチャージを「楽天カード」に設定する。

 ここで楽天カードの還元1%が発生します。

2.「楽天ペイ」のチャージを「kyash」に設定する。

 ここで「kyash」の還元2%が発生します。

3.「楽天ペイ」で支払いをする。

 ここで「楽天ペイ」の還元0.5%が発生します。

これで、3.5%の還元が発生する!ということになります!Σ(゚∀´

すごいしかけですね。。やり方によっては4重、5重もいけちゃいそうです。。

実際に「kyash」の履歴を見てみましょう。

一番下のカードチャージが「楽天カード」からのチャージです。

上の2つが「楽天ペイ」で払って「kyash」から引かれた金額です。

これで3重とりの仕組みが完成です!

「楽天ペイ」を使う時に注意すること

この3重とりのテクニックですが、いろいろと問題や制約もあります。

一つ目が楽天ペイの問題です。

付与されたポイントをみてて、なるほど。と思ったことがありました。

先ほどの「kyash」の履歴を参考にしますと、

2番目の松屋で使った600円は楽天スーパーポイントの付与は3ポイント。

還元率は0.5%

1番目のミニストップで使った1,567円は楽天スーパーポイントの付与は7ポイント。

還元率は0.45%。。。おや?(・_・?)

1番目の還元率は10%低いんです。つまり、200円単位でポイントは発行されるので、割り切れる金額で購入しないと還元率が下がってしまう。当たり前なんですが使うまで気づきませんでした。(´・ω・`;)

最悪なのは、199円ってパターン。還元率はゼロです。Σ(oдΟ;)

399円だと1ポイントですから0.25%になります。

だから、200円で割り切れる金額で購入する工夫が必要ということです。

購入金額が大きくなれば影響も小さくなりますが、小さい買い物が多いと思いますから、この辺の積み重ねは大事ですね。。なんか余計なものを買ってしまいそう。。(´・ω・`;)

無駄遣いにならないようにしたいと思います。

「kyash」を使う時に注意すること

次は「kyash」の問題です。無双感漂う「kyash」ですが、いろいろ制約が多いようです。

先程も書きましたが、「Suica」には使えませんし、公共料金などの支払いもNGのようです。また、扱える金額にも制限があります。

  • 一日3万円までしか使えない
  • 一か月12万円までしか使えない
  • カード有効期限内に100万円までしか使えない(更新後枠復活)

ちなみに有効期限は5年。年間20万円だから、だいたい月15,000円が目安ですね。(。 ・ω・))フムフム

もうひとつ、チャージの時のしかけに注意です。「kyash」の還元は、次回チャージするときに還元率分引かれてチャージされます。そうすると「楽天カード」の楽天スーパーポイントの還元率が下がってしまいます。

たとえば、前回1,000円使うと2%の20円が還元されますが、今回の買い物が100円だと、80円がチャージされる。ということになります。そうすると、「楽天カード」の楽天スーパーポイントは1ポイントに満たないので付与されない。ということになります。

自動チャージの金額がいくらかまだみていないんで、この考え方があっているかわからないんですが。。

細かいこというとキリがないんですね。(^^;)

おわりに

「楽天ペイ」の3重とり、いかがでしたでしょうか?

結局は「楽天ペイ」と「楽天カード」で100円でトータル2%還元のほうが楽かもしれません。。

肝心の楽天スーパーポイントは「kyash」を入れないほうが多くなりますし。。。(´・ω・`;)

主旨は楽天スーパーポイントの獲得ですからね。。

とりあえず使ってみてこの辺は検証してみたいと思います!\(≧U≦)/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう