株の売り方・売り時で騙されない!大化け銘柄に潜む罠と対処法


大化けする銘柄には何が起こっているのか?

 大化け銘柄になるためには買いの需要が極力長く続く必要があります。そのパワーを供給するのは機関投資家などの大口投資家です。成長株ファンドを扱っていたり、キャピタルゲインを中心とした戦略を立てている機関投資家、個人の大口投資家、仕手筋などです。

 これらの大口投資家は値動きが遅くてコントロールのできない値嵩株は狙ってきません。値動きが早く、最終的に買わせる相手である個人投資家などが集まる時価総額が小さな新興銘柄を狙ってきます。

 彼らは個人とは違い買いを一回で終わらす事はありません。大口はそれなりの成果を上げるためには億円単位で株を購入する必要があります。ただ一度に買うと株価がすぐ急騰してしまうため、複数回に分けて株価が上がり過ぎないように空売りも使いながらジリジリと買い集めていきます。

 また空売りを入れるのはリスクヘッジの意味合いも兼ねています。私はオプション取引もするのですが、確実に利益を確保するために買いと売りを同時もしくは、ずらして立てるスプレッド取引というものを使います。買い集め中の調整もしくは下落から株価が本格的に下げた時の備えとしている訳です。株取引でも購入する資金が大きいので、当然この手法が取られていると思います。

大口投資家が買い集めのためにしていること

 では大口投資家が買い集めをしている時にはどの様な動きがあるのでしょう?

 大口投資家が特別な情報を先に掴んで我々よりも有利な状況からスタートするんじゃないか。と思う人もいるでしょうが、インサイダーでない限りほぼありえません。最近はこういったコンプライアンスが非常に厳しいし、ネット化が進んですぐに足がついてしまうので、あからさまにはやらないんです。彼らとて、我々と情報源はさして変わりません。ただリスク管理が徹底しているので、噂程度の話には乗ってこないで必ず裏を取ってから本格的に買い集めてくるんです。

 個人はまず最初の情報に飛びつくため、一瞬出来高を伴って株価が上昇します。ですが個人の勢いには限りがあるため上昇は長続きしません。個人が絡んでいるうちはデイトレーダーなどが中心のため株価は乱高下しがちです。

 個人の売買が落ち着いて大口が介入してくると、ある一定の水準で株価が横這いの状況を続けます。出来高も少ないままです。この時期を「調整」といいます。

 ある程度買い集めが進んでくると売りが枯渇して株価が上昇し始めます。この頃になると個人も気づいて仕込む動きが出てきます。ここで大口は最後の買い集めを仕掛けます。個人の持ち株に対して株価を一瞬下落させ、個人の恐怖心を煽って売りを出させてそれを買い上げるんです。その動きを「振い落とし」といいます。

 個人が注意しなければいけないのはこの「振い落とし」です。せっかく上がった利益を少しでも確保しておきたいと現在の株価よりも低いところに売りの逆指値を置いておくと、ちょうどその水準まで下落して売らされた上に株価は元の水準まで戻したり、急に売り板が増えて下落が始まり、慌てて売ったらその瞬間から株価が上昇を始めたりします。

 この後、株価は出来高を伴って調整水準を脱して上昇し始めます。この段階を「ブレイク」といいます。この頃になると乗り遅れた大口投資家や個人投資家が集まってきて株価は上昇を始めます。

継続的に上昇を続ける時と下落する時の見分け方

 大化けする銘柄は一度だけのブレイクではなく、数度の調整、振い落し、ブレイクを続けます。その都度、今の動きが調整なのか下落なのかを判断しながらなるべく長い期間、上昇の恩恵を受けるような投資方法がより確実に利益を上げる方法です。

 出来高が高いまま上昇するときはまだまだパワーが強い時です。2〜3回の調整期間を挟みながら上昇を続けます。

 出来高が低いまま大陽線をつけるときは、もう個人しか買いが入っていない状態です。そろそろ天井をつけて出来高を伴って本格的な下落をする兆候です。出来高を上げても上昇せずに下落、もしくは十字線を形成した時は大口が本格的に売りを始めた兆候です。

 上昇のピークは株価と出来高が急上昇して上ヒゲもしくは大陰線を形成した時です。こうなると一気に下落のスピードを早めます。こうなったら有無を言わさず売りの場面です。

 次は実際の事例を見ながら一連の流れを見ていきましょう。

事例を使った実際の流れ

 ここではチェンジ【3962】の事例を紹介します。IPOをして上場後、2016年9月から2019年1月まで5倍以上になった大化け銘柄です。週足で見た全体の株価と出来高の流れは以下の通りです。

チェンジ【3962】週足チャートの流れ

それでは、初期の流れから見ていきましょう。

チェンジ【3962】初期の動き

 IPO直後は上場時の先行者利益を巡った売買が交錯しています。その後出来高は落ち着きましたが時々大きな出来高を集めています。IPO後を狙った大口の買い集めです。そして最初の調整と振い落しが発生しています。振い落としの特徴は大きな陰線もしくは下ヒゲを伸ばしながら下落します。この段階で個人は上昇が終了したと判断するか、損失が怖くて売却します。

 しかし株価は底を割ることがなく上昇していきます。特徴的なのは前回の調整局面の株価を割らないということです。これで買い集めが終了すると空売りの買い戻しを伴いながら出来高上昇。ブレイクの動きです。

 この後調整を伴いながら何度か上昇を繰り返します。そして出来高を伴って大陰線となり1度目の上昇を終了します。この後4週間は利益確定の動きです。ここまでが第一弾の上昇局面です。

 次は調整から第2のブレークに向けた動きです。

チェンジ【3962】中盤の動き

 次の調整局面では出来高が極端に減ります。前回の利確時の出来高を見る限り大口も完全に抜けた訳ではなく市場が落ち着くのを待っています。株価の動きもほとんどありません。

 途中の局面で出来高上げて一度上昇しかけますがすぐに下げます。出来高の勢いから見ると個人が仕掛けたけども跳ね返された形です。これこそ大口の仕掛けです。この時は株価分割のIRが出ており、個人の買いが集まり上昇しかけましたが、再度仕込みに入った大手に売らされた結果です。

 その後徐々に出来高を集めて上昇を始めますが、最後の振い落としが発生します。振い落しは大きな売りが発生せず利益確定の個人が中心となるので出来高は極端に減ります。大陰線や下ヒゲの長いローソク足で個人の引き剥がしを図ります。そして2度目のブレイクをはたします。

 最後に終盤の動きです。

 最後の局面です。出来高が上がっているのに株価が上がっていない。これは売りの圧力が強まっている事を示しています。ここを最高値として再度の利益確定の動きとなりました。分割の影響もあり、かなり大きな出来高が集中しています。この後は本格的な下落局面に入っています。ここで大口は本格的な利確を行って手を引いたと思われます。当面は大きな材料が出てこない限り、上昇の流れに戻るのには時間がかかると思います。

最後に

 CAN-SLIMではこの大口が絡む大化け銘柄の流れのチャートパターンを「取って付きカップ」「平底型ベース」「Wボトム型ベース」などと言った形で誰でも取り組みやすいように定型化しています。CAN-SLIMのチャートパターンに関する記事はまた別途書きたいと思います。

 株価チャートはこのように分析していくと全ての事実が反映されている結果です。今回は週足で比較的マクロな視点で分析しましたが、分足などのレベルでも同様の動きは発生しています。単にひとつだけのチャートを見るのではなく、週足で見たときの局面と分足の動きが想定した動きをしているか、出来高が急速に変わるときどのように動いているのかで誰がどのような思惑で動いているのかが見えてきます。

 最初はなかなかわかりませんが、数多く見て経験を蓄えていくと同じような動きを何度も見ることがあります。そうした時にどういった展開を今後見せるかを覚えておけば、振い落し局面で売らされてその後の上昇を指を加えてみている。という状況は減らせるはずです。

 また、振い落しで売らされないためには含み損をかかえた状態でその状況を迎えないようにすることです。振い落しは、調整時に売りのエネルギーを吸収し切れていない場合は、そのまま大きく下落するときもあります。一番いいのは振い落しが終了し、ブレイク局面を向かえたときに買いに入ることです。調整局面中に買いに入ると、上がるか下がるかわからない局面に対して精神的に余裕がなくなり、間違った判断をしてしまう可能性もあります。なるべく含み損を持たず、余裕のある状況で常に市場を見られるようにすることも大化け銘柄を逃さないために重要な考え方です。

 私が購入もしくはウォッチしている銘柄については時間のある限り、ツイッターで株価や出来高の動きについてツイートして随時情報を発信していますので、興味のある方はぜひフォローしていただければと思います。

 これで大口投資家に負けずにしっかりと利益を確保できるようになっていただければ幸いです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう