2021年03月投資日記

市場が揉み合う中でユニクロ沈下。。市場は支えることができるか。 CAN-SLIM投資日記【2021/03/10】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

オリンピックはまだ開催されるかされないかわかりませんが、外国人の観戦は受け入れないという方針が示されました。数年前から色々とこの時のために準備してきた感じですからね。。なんとも寂しい限りです。。

開催されれば間違いなく記憶に残るオリンピックにはなりそうですね。。しかし東京オリンピック、近いうちにリベンジできないもんですかね?

日本経済のためにも切に願うところです。。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比+30.30ドル(+0.10%)の31,832.74ドル、出来高減少。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比+464.66(+3.69%)の13,073.83、出来高増加。

ダウは昨日下げたハイテク株が戻してます。しかし、値下がり株のほうが多く揉み合いとなったようです。天井圏で足踏みですね。ここは要注意です。高値更新をきっかけにしてガタガタと崩れるパターンも多いですからね。

NASDAQもハイテク株のリバウンドに乗った格好。ハイボラティリティな展開が続いてます。一旦は50日移動平均が抵抗線になるかを確認する感じですかね。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比+8.62円(+0.03%)の29,036.56円、出来高減少。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比+2.06(+0.11%)の1,919.74、出来高減少。

今日は大人しい動きとなりました。ハイテク株はもう少し上昇するかと思ったんですけどね。。指数が伸び悩んだのにはファーストリテイリングの動きも絡んでます。今日は売られて50日移動平均から下に乖離しました。ソニーが50日移動平均をサポートに上昇したのとは対照的。

ファーストリテイリングの売りが加速することは寄与度から考えても指数には相当なマイナス材料です。今日は流れのよかったハイテク株がそれを支えられるのか。。かなり厳しい印象です。やっぱり下落の流れなのか。。

明日以降もこの辺がポイントになりそうです。

JASDAQ平均チャート分析

前日比+16.72(+0.44%)の3,813.04、出来高増加。

出来高増加してます。CAICA、オンキョーもさることながら全体的に増えていたようですね。指数も50日移動平均線から浮上。ここから反発して上昇するんでしょうか。このまま出来高増の株価上昇であれば望みもでてきますが。。

マザーズ指数チャート分析

前日比+2.36(+0.20%)の1,156.37、出来高横這い。

マザーズは200日移動平均で耐えています。今日はNASDAQの上昇を受けて新興株に買いが入ったようですね。最近売られ続けてきたので拾われた感じのようでもあります。長く上昇するためには大きな買いの流れが必要ですね。まだまだ油断できない状況です。

今日は方向感の見えない展開でしたが、ファーストリテイリングの下落という大きなサインがありました。市場の流れに大きな影響を与える銘柄ですから今後の動きには注目してます。

ここが売られるようだと、どんなに小型株が頑張っても市場の上昇を支え切れるものではありませんからね。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年03月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.