2021年06月投資日記

FOMC通過で市場は天井を付けたのか? CAN-SLIM投資日記【2021/06/17】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

昨晩の米市場はFOMC後の発言で乱高下を見せました。とはいっても波乱という感じではないですね。日本市場も下落基調でしたが最近の上昇から見れば利確売りにはちょうどいいタイミングだったのかもしれません。しかし、ここから続落するのと戻すのではだいぶイメージが変わってきますね。

日経平均やマザーズは節目のポイントで天井をつけたかのようなチャートになってますからこの辺が投資家心理にどのような影響を与えるのかということになると思います。続落しちゃうと短期的な下落トレンドも意識したくなるところですね。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比-265.66ドル(-0.77%)の34,033.67ドル、出来高増加。ディストリビューションです。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比-33.17(-0.24%)の14,039.69、出来高増加。ミニ・ディストリビューションです。

FOMC待ちと言われた市場の動きですが、昨晩は下落で引けました。ダウはディストリビューションで50日移動平均線を割ってます。よく見れば天井圏でサインが出まくってますね。。やっぱりこの辺が上昇の限界なんでしょうか。。

NASDAQのほうは下落したものの下ヒゲ伸ばしてます。ミニ・ディストリビューションとしましたがそれほど深刻な感じはしませんが。。続落は警戒ですね。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比-272.68円(-0.93%)の29,018.33円、出来高増加。ミニ・ディストリビューションです。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比-12.29(-0.62%)の1,963.57、出来高減少。

昨晩の米国市場の流れを受けて下落しましたね。日経平均はミニ・ディストリビューションで50日移動平均線に乗ってます。。TOPIXは日経平均よりも強い動きは続いているようです。とはいえ下落に向かいそうな気配が見えていますね。。大きな下落には結びつかない感じですが良好だった地合いに変化が現れるのか。。

JASDAQ平均チャート分析

前日比+3.96(+0.10%)の3,974.19、出来高増加。

今日のJASDAQにはちょっと感動すら覚えました。。軒並み市場が下落するなかでマイペースでジリジリ上げてます。しかし騰落数は上昇が30%台と一部銘柄の上昇が相場を支えたようです。他の市場の下落が続くと早晩天井を付けそうな感じはしますが。。

マザーズ指数チャート分析

前日比-20.39(-1.69%)の1,182.65、出来高増加。ディストリビューションです。

メディネットすげ~。。一人でとてつもない出来高を記録してます。市場占拠率は73.8%。。他の銘柄はというと昨日は1,000万株以上が3銘柄あったのでだいぶ出来高減らしてますね。ディストリビューションにしたものの微妙な感じです。ですがチャートとしては200日移動平均線で跳ね返されて綺麗な天井を形成しちゃってますね。。このまま50日移動平均線を割るようだと再び1,100に向かって動く可能性もあります。。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年06月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.