2021年10月投資日記

日本市場はやや調整。50日移動平均線を割らずに反発するか? CAN-SLIM投資日記【2021/10/18】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

週末にフォロースルーが出て寄り付きはどうなるかと思ってみてましたがいい位置でスタート。その後伸び悩みましたがまだ粘ってます。50日移動平均線はなんとかキープしてほしいところです。

ホントはフォロースルーがでているので思い切り攻めたいところではあるんですが、なんといっても中国恒大をめぐる憶測が不気味です。なにがきっかけで暴落に結びつくかわからないのでここは慎重に取り組んでいます。

今年最後のチャンスの局面かもしれませんが、無理をしたいという気にはなれない感じです。。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比+382.20ドル(+1.09%)の35,294.76ドル、出来高増加。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比+73.91(+0.50%)の14,897.34、出来高増加。

米国市場は上昇。50日移動平均線を抜けてきました。このままうまく離陸できますかね。フォロースルーがホンモノかどうか試される局面になってきました。すぐにディストリビューションで崩れるようだとダマシの可能性もあります。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比-43.17円(-0.15%)の29,025.46円、出来高減少。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比-4.70(-0.23%)の2,019.23、出来高減少。

寄り付きはいい流れでしたが伸び悩みました。ここから伸びるのか失速するのか。。これから決算も本格化してくるので気になるところです。50日移動平均線を割るようなら警戒です。

JASDAQ平均チャート分析

前日比+11.35(+0.28%)の4,013.21、出来高減少。

JASDAQは続伸。再びJASDAQ特有のジリジリ上げになるんでしょうか。出来高はだいぶ低調な感じです。

マザーズ指数チャート分析

前日比-10.12(-0.90%)の1,116.15、出来高減少。

本日は下落も50日移動平均線はキープ。上に向かうためにはここで耐えきらないと。出来高はだいぶ低調になってます。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年10月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.