2021年10月投資日記

市場は再び上昇だが出来高減。上昇の流れは継続するか? CAN-SLIM投資日記【2021/10/19】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

市場は上昇の流れとなり50日移動平均線を離れてきました。このまま高値更新の動きに戻るのかどうかですね。週後半に続伸するようなら可能性が高まります。

ただ最近のニュースを見ているとバブルを匂わす記事が増えてきました。さわかみファンドの新聞広告はだいぶ話題になったようです。

こういう警告は発した時は意外と市場は逆に動くもんですね。それで杞憂だったと皆が忘れた頃にドカンとくる。。そのタイミングはいつになっても読み切れないものです。。

兎に角、今は安心してポジションとれる気分ではないので、ひたすら小さく小さくポジション作ります。。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比-36.15ドル(-0.10%)の35,258.61ドル、出来高減少。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比+124.46(+0.84%)の15,021.81、出来高減少。

ダウは揉み合いましたがNASDAQは上昇。50日移動平均線から離陸しました。またまた高値更新の流れに進むんですかね。新高値近辺まできたらそこもまた天井を意識する局面ですから注意したいですね。なんせテーパリングやら原油高やら中国恒大やら、きな臭い材料が周りに漂い過ぎです。。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比+190.06円(+0.65%)の29,215.52円、出来高減少。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比+7.34(+0.36%)の2,026.57、出来高減少。

本日は上昇したものの出来高は減少傾向です。フォロースルーは本物なのかダマシなのか。。週後半にさらなる上昇の流れが見えてくればいいんですが。

JASDAQ平均チャート分析

前日比+20.18(+0.50%)の4,033.39、出来高減少。

JASDAQは続伸。ジリジリ来てますね。しかし出来高が少ない。。しかしJASDAQはこのジリジリ上げる状態が続くのが特徴です。どこまで続くんでしょう。

マザーズ指数チャート分析

前日比+25.25(+2.26%)の1,141.40、出来高減少。

本日は上昇。比較的堅調な流れでした。このまま200日移動平均線も突破できますかね。新興市場の復調が試されています。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年10月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.