2020年09月投資日記

市場はリバウンドも雰囲気はそんなに良くないかな。。 CAN-SLIM投資日記【2020/9/8】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

今日は休みだったので市場をじっくりみてましたが、新興市場はかなり心臓に悪い展開でした。。前場はかなり持ち株も下げてましたからどうなるかヒヤヒヤもんでしたね。デイトレしている訳ではないので、こういう時はあまり市場見過ぎるのもどうかなと思いますね。。

なにか材料がでている訳ではないですが、市場の流れがやや悪くなってきているのは市場分析で見てる通り事実です。

今日は売りポジも久々に建てましたが、どちらに動いても良いように準備しておこうと思います。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

昨晩の米国市場は休場でした。

日経平均/TOPIXチャート分析

寄り付きから高く始まりジリジリと上昇。最後は上げを加速させて高値圏で引けています。出来高は増加。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

日経平均とほぼ同じ動きだが、前場の上げ幅が小さかったか。ダイバージェンス(乖離)はやや拡大。出来高は横這い。

12時時点の騰落数は、上げ1,302:下げ742:不変126

徐々に出来高戻ってきてますかね。フォロースルーの上昇から横這いの動きが続いてます。このまま上昇に転じていく感じにも見えませんねぇ。。米国の動きのほうが怪しい感じですが、そちらの状況次第ですかね。

JASDAQ平均チャート分析

寄り付きやや高く始まるもすぐにマイナス圏へ下落。そこからはジリジリと戻す展開でほぼ始値まで戻してきて引けています。出来高は増加。

18時時点の騰落数は上げ291:下げ240:不変64

出来高上位は結構株価上昇したみたいですね。

市場の出来高が増えてきてますが、ここから再び上昇の流れに乗ることはできるのか。

マザーズ指数チャート分析

寄り付きやや高く始まるもすぐにマイナス圏に下落。その後はジリジリと戻して高値で引けてます。出来高は減少。

18時時点の騰落数は上げ207:下げ105:不変13

今日はリバウンドの流れでした。出来高は減っているのでそれほどの勢いは感じませんでしたけど。

最近下げがきつかったので一服という感じですが、この先の流れは不透明ですね。。再び天井を越えていくような力強い動きが見えてくるのか。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高】

今日はリバウンドの流れでした。東証一部のダイバージェンス(乖離)はやや拡大。

出来高にはそれほどの勢いを感じません。米国休場もあり様子見か。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2020年09月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.