2021年01月投資日記

崩れそうで崩れない市場。早仕掛けはケガのモトか。 CAN-SLIM投資日記【2021/01/13】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

日本のコロナ対策は国民に不人気ですね。菅総理はすっかり勢いを失ってしまい、やることなすこと文句を言われる始末。。政権は始まったばかりですが、これって末期症状ですよね。(-_-;)

同じ事を言っても、喝采される人と罵倒される人に分かれることがありますが、発言の内容に問題があるのではなく、その人の行動や発言の蓄積で信頼されているかされていないかの差だと思っています。

経営者も同様ですね。信頼される経営者には人もお金もついてくる。CAN-SLIMのNには経営者の素養の要素もでてきます。投資家の信頼を集めるような経営者がいる会社は株価も上昇しやすいんでしょうね。

さて、そういう意味では投資家もそうですね。常に的確な情報を提供する投資家は信頼され人も集まる。気軽に始めたこのブログも、PVが増えたりコメントを頂くようになると、いい加減なことはできないなという気持ちになってきます。。

まぁ、私の場合はこれで本格的な商売をやろうという気はサラサラないので、一投資家の奮闘の軌跡としてご覧いただければ。(^-^;

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比+60.00ドル(+0.19%)の31,068.69ドル、出来高増加。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比+36.00(+0.28%)の13,072.44、出来高増加。

データ参照元を変えてみました。基本的に変わるはずないんですが、若干出来高のデータが変わりましたねぇ。。なにが正しいのかよくわからなくなります。。

天井圏で揉み合ってますね。NASDAQは相変わらず出来高水準が高くて、指数の動きの割に中身は激しい感じです。油断すると一気に動くかもしれないので目を離すことができませんね。。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比+292.25円(+1.04%)の28,456.59円、出来高減少。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比+6.46(+0.35%)の1,864.40、出来高減少。

高値更新が続いています。今日は割安株は一服という感じでした。医薬系が売られたものの半導体関連が上昇したみたいですね。うまいことカバーし合っている感じでジリジリと上昇しているようです。

フォロースルーの動きはホンモノだったのかな。。

 

JASDAQ平均チャート分析

前日比+27.81(+0.74%)の3,808.47、出来高増加。

低位株は売られたようですが市場は力強く上昇。コロナ前の高値である3967.50をそろそろ意識する感じになってきましたね。まだ先は長いですが今の水準で崩れないようであればその線が濃厚になってくるように思います。

マザーズ指数チャート分析

前日比+10.68(+0.87%)の1,238.76、出来高減少。

揉み合いの状況の中で出来高水準が下がってきてます。まだ上に向かっていく感じが見えた訳ではありませんね。

昨日書いた通り決算での動きが大事になってくると思いますので、決算銘柄の反応をチェックしながら市場の動きを見ていこうと思います。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年01月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.