2021年06月投資日記

メジャーSQを控えて市場は落ち着いた動き CAN-SLIM投資日記【2021/06/10】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

明日はメジャーSQですね。メジャーSQ前、特に水曜日は荒れた展開になることが多かったんですが、今回は肩透かしの様相。まぁ、だいたい想定してると外れるのが相場です。(-_-;) ここのところは11月からの上昇も一服して、一時の下落に向かいそうな流れも落ち着いて「踊り場」といった雰囲気になってます。

でも「踊り場」というのはいつまでも「踊り場」ではなくて必ず上か下に向かう訳です。事前にどちらに進むか読んで当てるのは、正直じゃんけんみたいなもんで(^-^; 当たっても当たらなくてもそれほど気にすることではないと思ってます。

大事なのは動いた時に市場の流れに乗れるポジションを作れるかどうかです。そのためにはすぐに動けるような状況にしておく必要があると思ってます。それは私の考えとしてはいつも以上に銘柄を増やさないことですね。銘柄が増えるとどうしてもポジションがフルの状態になりやすいですし資金を移動するのが大変になります。

管理する銘柄が少ないほど素早く判断して次のポジションを組みやすくなります。相場の「踊り場」は急に騰がったり下がったりしますからね。。防災の意識と同じなんでしょうが非常時の対応というのは常に意識して取り組んだほうが資産を守ることにつながるんだと思います。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比-152.68ドル(-0.44%)の34,447.14ドル、出来高減少。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比-13.16(-0.09%)の13,911.75、出来高減少。

ダウは下落が続きました。大きな売り抜けの流れではないですがこのままズルズル下落していくかもしれません。50日移動平均との取り合いを見ていきます。NASDAQも小休止という感じです。最近は再び出来高水準が上がってきてます。ここからどちらに向かうかは大事になりますね。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比+97.76円(+0.34%)の28,958.56円、出来高横這い。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比-0.41(-0.02%)の1,956.73、出来高増加。

日経平均は50日移動平均に抑えられてますね。TOPIXは日経平均より強い動きを見せてましたがここ2日は調整しました。このままズルズルッと下がるようだとまだまだ調整の流れになりそうです。

JASDAQ平均チャート分析

前日比+7.89(+0.20%)の3,940.60、出来高増加。

今日もジリジリッと上昇してます。昨日の超低位株が出来高上位を占めた感じよりは市場全体の出来高は上昇しているようです。このまま3,965に迫っていくんですかね。過去2回この辺で天井つけてますから注意ポイントです。

マザーズ指数チャート分析

前日比+7.03(+0.60%)の1,181.21、出来高減少。

上昇の勢いで50日移動平均線を突破しました。このまま200日移動平均も越えるようだといよいよ本物の上昇なのか?と思いたくなる感じです。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年06月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.