2020年08月投資日記

持ち株は大幅上昇。決算でウォッチ銘柄は総入替 CAN-SLIM投資日記【2020/8/17】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

今日は在宅勤務で子供達の相手をすることもなく、仕事と市場に集中することができました。(^-^;

最近は売りのポジションを持ってはモヤモヤする展開だったんですが、今日は買いポジションが久々にいい動きを見せてくれました。やっぱり買いで入るほうが気分的にいいですね~。

うまく好決算銘柄に乗っかって利を伸ばしたいところです。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

寄り付き低く始まり戻す展開。午前中にプラス圏に戻しましたが、午後に入り再びマイナス圏へ下落。最後上昇してプラスで引けました。出来高は減少。ここ最近で最も少ない出来高です。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

寄り付きはやや上昇したもののすぐにマイナス圏へ下落。その後はマイナス圏を上下の動き。最後は上昇してややマイナスで引けてます。出来高は横這い。

米国市場は出来高も低く調整の動きで終わっています。方向感が見えづらい感じです。

日経平均/TOPIXチャート分析

寄り付きやや低く下落。その後はマイナス圏で上下の動きで引けています。出来高は減少。出来高低いな~。どこか取引休みでしたか??

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

寄り付きからやや低く始まり、ズルズルと下落する展開。そのまま安値で引けています。出来高は減少。フォロースルー後の安値引けはよくない現象ですが、出来高がめっちゃ低い。。

12時時点の騰落数は、上げ835:下げ1,199:不変125

市場占拠率がいつもより低いですね。全体的に低調な流れだった模様。

TOPIXのフォロースルーの後の安値引けは上昇へのチャレンジに失敗した場合のイヤなサインですが、出来高が少ない中で影響が限られるようであればいいんですが。。今週注意して見ていきます。

JASDAQ平均チャート分析

寄り付きはプラスでスタートもすぐにマイナス圏へ下落。後場は一時盛り返すも最後は急落してマイナスで引けています。出来高は減少。JASDAQも安値引けになりました。

12時時点の騰落数は上げ261:下げ292:不変67

ウェッジは決算で出来高上昇。それ以外の銘柄は軒並みダウンです。市場占拠率も低いですね。

出来高大幅減少ではありますが安値引けがイヤな方向に向かわなければいいんですが。

マザーズ指数チャート分析

寄り付きマイナススタートでしたが上下しながら上昇の流れ。後場に入ってからはジリジリと上昇。そのまま高値圏で引けています。出来高は増加。

12時時点の騰落数は上げ148:下げ164:不変10

市場占拠率はそれほど高くないですが出来高は増加傾向でした。

マザーズだけは他の市場とは逆を行く流れ。このまま天井突破してほしいところです。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高】

マザーズ以外は下落になりました。

お盆明けで出来高増えるかと思ったら全然少ないですね。マザーズだけは増加。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2020年08月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.