2020年08月投資日記

市場は調整も売り抜けではない模様。持ち株は一部利確 CAN-SLIM投資日記【2020/8/20】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

最近のマザーズ市場上昇から今日はやや流れが下落の方向になってますね。

それにしてもなかなか出来高が増加しない。。今年は夏の暑さも遅れてきましたが、夏枯れ相場も季節に合わせているんですかね。(^-^;

一体投資家と投資資金はどこへ行ってるんでしょうか。。本日発表の投資家別売買動向はまだ見れてないので、明日じっくり見てみようと思います。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

寄り付き小高く始まり上昇したものの徐々に下げる展開。最後はズルズルと下落してマイナスで引けています。出来高は増加。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

寄り付きから前日終値を挟んで上下の動きから上昇基調。午後に入ってからズルズルと下落してマイナスで引けています。出来高は増加。

米国市場は出来高が増加に転じました。このまま平均レベルまで増えてくるのか?

やや停滞気味の市場の今後の動きを占う展開になってきそうです。

日経平均/TOPIXチャート分析

今日から平均出来高(緑線)の算出を30日分に切り替えています。より直近の流れに合わせたほうが実態に近いのかなと考えました。

寄り付きから低く始まりズルズルと下落。後場は横這いでマイナスで引けています。出来高は横這い。下げたものの出来高水準も低い。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

今日は日経平均とほぼ同じ動き。出来高はやや増加。フォロースルー後の上昇を継続するという動きとしては弱いですね。。もう一発力強い上昇がほしいところ。

12時時点の騰落数は、上げ604:下げ1,461:不変97

騰落数も株価も下げ優勢。明日も続くようだと嫌な流れですね。

JASDAQ平均チャート分析

寄り付きから上昇するもすぐに下落に転じてマイナス圏へずるずる下落。後場に入ってからやや戻すもマイナスで引けています。出来高は減少。非常に小幅な値動きでした。

12時時点の騰落数は上げ218:下げ337:不変61

出来高上位の株価は上昇傾向でしたね。しかし、すごい株価だな。。言い方アレですが、駄菓子屋の価格です。。

低位株盛り上がっている割に出来高は増えてこない。。市場は相当枯れてますね。

マザーズ指数チャート分析

寄り付きやや低いところから一瞬プラス圏に上昇するもすぐにマイナス圏へ下落。後場に入ってからやや上昇して横這いの動きで引けています。出来高は減少。

12時時点の騰落数は上げ104:下げ207:不変12

出来高上位は株価下落の流れ。最近の上昇から売り優勢でしたが、大きな売り抜けの動きにはなってないようです。

明日は下落の流れが断ち切れるといいんですが。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高】

今日は全市場下落。

出来高は控えめ。大きな売り抜けの動きではないようです。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2020年08月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.