2020年08月投資日記

市場はリバウンドも出来高減で弱気継続 CAN-SLIM投資日記【2020/8/3】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

8月になったとたんにギラギラの太陽。先週までの涼しさがウソのようですね。日曜日に炎天下の中テニスを3時間やってましたが、すっかり黒コゲになりました。(^-^;

さて、相場は恐怖の8月を迎えました。昨日7月のまとめ記事をアップしましたが、今後の戦略の中で述べた通り、アノマリー的にも圧倒的に負のパフォーマンスを示しているのがこの8月です。それを知らしめるかのような7月31日の下落でした。用心しながらポジションとっていきたいですね。

今日から市場分析のチャート分析期間を90日から60日にしました。60日の動きで十分市場の流れは判断できると考えてのことです。年取って細かいものが見づらいという理由もありますが。(-_-;)

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

先週末は寄り付きから下げましたが午後に入って上昇。プラスに浮上して高値圏で引けています。出来高は増加。ここ三日は引けにかけて上昇の流れが続いてますね。なかなか底堅い動き。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

寄り付きから前日終値を挟んで上下の動きでしたが、午後に入ってからジリジリと上昇。高値圏で引けています。出来高は増加。ヘッドアンドショルダーを形成するようであればここで天井をつけるイメージですね。

ここ最近は天井からの売り抜けが続いています。リバウンドの動きはそれほど強くないので売り優勢と見てます。今晩どう動くでしょう。

日経平均/TOPIXチャート分析

本日はリバウンド。寄り付きから高く始まりジリジリ上昇。高値圏で引けています。出来高減少。続落は避けた格好です。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

ほぼ日経平均と同様の展開でしたが戻しがこちらは弱い。出来高減。BOX圏の底を割った状態で引けてます。日経平均とのダイバージェンス(乖離)は拡大。

市場全体の戻しは弱かったということで今後の展開には不安が残ります。

12時時点の騰落数は、上げ1,618:下げ498:不変50

前週末は出来高を集めて下落の流れ。今日は出来高を下げてリバウンドの流れ。まだまだ下げの勢いが強いとみるべきでしょう。

JASDAQ平均チャート分析

寄り付きから高く始まり上昇。後場に入ってからは横這いの動きで最後はやや上げて高値引けになりました。出来高は減少。出来高水準が随分低いですね。。7月後半に入ってからはだいぶ出来高減少してます。

今日もかなり低い出来高でのリバウンド。心許ない感じがしますね。

12時時点の騰落数は上げ403:下げ189:不変44

なんだか出来高上位はマイナスが強かったんですね。ここまで市場の動きと逆行するのも珍しい。。プロルート丸光は引け際に急落してますね。なにがあったんでしょう。。

JASDAQは先日のストーリングから流れが変わってます。明日以降の展開にも注意が必要ですね。

マザーズ指数チャート分析

寄り付きから高く始まってジリジリと上昇。高値圏で引けています。出来高は減少。ヘッドアンドショルダー(三尊天井)はギリギリ継続してます。

12時時点の騰落数は上げ245:下げ66:不変8

Sun Asteriskに引き続きモダリスも本日上場銘柄。マネーゲームの様相です。プレシジョンの上昇がかなり市場を牽引したようですね。

主力の出来高は大幅減少。本格的なリバウンドの流れではないようです。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高】

全市場上昇。リバウンドの流れでした。東証一部のダイバージェンス(乖離)が拡大してます。

リバウンドはしたが、出来高は減少。本格的なリバウンドとはいえないな。。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2020年08月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.