2020年12月投資日記

商い薄く値幅も小さい。。今年はもうお休みムードかな。。 CAN-SLIM投資日記【2020/12/25】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

メリークリスマス!今日がクリスマスパーティーという方もいると思いますが、我が家はイブにパーティーしてます。ということで昨日は日記をサボってしまいました。。

今年も無事にサンタはやってきました。今年はそんな浮かれ気分には浸れませんでしたが、子供達の喜ぶ姿は微笑ましくて暖かい気持ちになりますね。(⌒∇⌒)

市場のほうは例年に比べても閑散とした相場になってます。年明け急に動くかもしれないので油断はできませんね。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

昨晩は13時で市場は終了。寄り付きやや高く始まり上下の動き。午前最後に下げましたがその後ジリジリと上昇して前日比+0.23%で引けています。出来高減少。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

寄り付きやや高く始まり上昇後、横這いでしたが下落。最後はやや戻して前日比+0.26%で引けています。出来高減少。

開場時間短かったので出来高は参考にならないか。。NASDAQはそれでも結構出来高あった感じですね。

今晩はクリスマスで休場です。来週も年内いっぱいは横這い調整で終了するのか。

日経平均/TOPIXチャート分析

寄り付きやや高く始まりましたが、その後は前日終値を挟んで揉み合いの動き。そのまま前日比-0.04%で引けています。出来高減少。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

日経平均とほぼ同様の動きでしたが、寄付きがやや高く終始プラス圏で揉み合いの動きで前日比+0.23%で引けています。出来高減少。ダイバージェンス(乖離)は縮小。

12時時点の騰落数は、上げ1,185:下げ878:不変124

東証一部も低位株に出来高集まりましたね。。個人中心の展開だった模様。大口さんはもう今年はお休みかな。。

来週も3日間ありますが、どうなるか。。

JASDAQ平均チャート分析

寄り付きやや高く始まるも下落。マイナス圏まで下げましたがそこから上昇。最後は高値圏まで上昇して前日比+0.28%で引けています。出来高減少。

12時時点の騰落数は、上げ258:下げ322:不変73

取り引き少なく閑散相場ですね。これまでの展開と同様、ディストリビューションからのリバウンドが続いています。今まではこのまま高値更新の流れになってましたが今回はどうなるか。。

マザーズ指数チャート分析

寄り付きやや高く始まり上下の動きから下落。後場は戻しましたが最後も下落して前日比-0.46%で引けています。出来高減少。

12時時点の騰落数は、上げ116:下げ215:不変11

マザーズはそれなりに出来高ありました。やはり今日は全体的に個人中心の相場だった感じですかね。ディストリビューションからのリバウンドの流れが途切れた形となりました。このまま下落に向かうようだと一段安の展開もあるかもしれませんね。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高】

個人中心の相場で揉み合った形。東証一部も低位株が物色されてました。

全体的に出来高は控えめ。個人中心の動きですね。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2020年12月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.