2021年02月投資日記

市場はリバウンドだが勢いは弱い。大型株の動向次第か。。 CAN-SLIM投資日記【2021/02/22】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

週末は久々にネットからも投資からも離れて過ごしました。リア充というよりは体調(頭痛)が悪くてそれどころじゃなかったというのが理由なんですが。(-_-;)

頭痛いとなにも考えられなくなるのでホント困ったもんです。投資家にとっては致命的ですね。。ということでピックアップ銘柄も更新できませんでした。。

土曜日に病院行って薬もらってきたので、早く治ってほしい。。かえって考えずに保持してたほうが成績よかったりするかもしれませんが。。(^-^;

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比+0.98ドル(0.00%)の31,494.32ドル、出来高増加。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比+9.10(+0.07%)の13,874.46、出来高増加。

出来高増加しましたが完璧なる揉み合いですね。「上昇への試しの動き」にはなっていません。リバウンドが叶わなかったということでストーリングともとれる動きですが今晩からの展開がどうなるか。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比+138.11円(+0.46%)の30,156.03円、出来高減少。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比+9.40(+0.49%)の1,938.35、出来高増加。

今日はリバウンドの動きも寄り付きからは下落傾向。値上がり銘柄は70%だったので先週の下げを戻す流れではあったものの、それほど強い感じはしなかったかな。。

今日はソフトバンクGもソニーも上昇、どちらも寄り天に近い流れでした。DX成長株御三家はSHIFTとブイキューブが上昇、オプティムは下落。SHIFTは今年に入っては上昇傾向ですが、15,000円辺りの抵抗がどの程度あるかですね。

今日のリバウンドの流れだけではまだ下落が止まったという感じではないですね。しっかりとした上昇の継続があるのかどうかです。気になるのはソフトバングGとソニーの動き。いずれも天井揉み合いです。どちらに流れるかは東証一部の命運を左右するのではないかなと思ってます。

前日比+25.41(+0.66%)の3,849.55、出来高減少。

久々に上昇しました。CAICAの減少に合わせて市場全体の出来高も減ってます。まだ1億株以上の取引ありますからね。オンキヨーとの超低位株ダブルトップだけで60%以上の出来高。。早くまともな市場に戻ってほしいです。。

マザーズ指数チャート分析

前日比+9.19(+0.73%)の1,274.62、出来高減少。

リバウンドですが出来高が急速に萎んでますね。。ラクスは東証一部の昇格で一気に上昇しました。状況が変わりましたね。思惑絡みで当面は上昇するかもしれません。

あまり今日の上昇には勢いを感じませんでしたがどうでしょう。どちらかというと空売りで見ている銘柄がどう見ても下落トレンドな流れなので弱気な感じで見ています。

市場の流れに大きく影響する大型株の動向がどうなるかですね。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年02月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.