2021年03月投資日記

市場は大きく下落。しばらくは大型株の動きを注視 CAN-SLIM投資日記【2021/03/04】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

ここのところ市場の動きがにわかに怪しくなってきました。世界的にリスクオフの流れになってますね。長期金利の上昇が原因と言われていますが、なにかのきっかけを待っていた。という感じなのかなと思います。

昨日も書きましたが、こういう時にファンダメンタルはなにも意味をなさず、テクニカル的に売られていたら逆らわずに手を出さないか売りで入ることを検討しなければいけませんね。

「オニールの空売り練習帖」を読んでから何度か空売りで失敗を繰り返してきましたが、今の相場環境がまさにオニールの示している空売りのタイミングなのかなと感じています。

ここでしっかり売りの戦略についても磨きをかけられれば今後投資戦略の幅も拡がってくるので苦手を克服できるように頑張ろうと思います。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比-121.43ドル(-0.39%)の31,270.09ドル、出来高横這い。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比-361.03(-2.70%)の12,997.75、出来高増加。ディストリビューションです。

S&P500はダウよりも下げてディストリビューション。売り抜けの動きが加速しました。NASDAQはさらに厳しい下げですね。。このまま出来高増の下落が続くと下落が加速するような流れです。ヘッドアンドショルダーも完成しそうな感じですね。

今晩も続落なのかそれともリバウンドか。今日の動き次第で深刻度合いが測れそうです。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比-628.99円(-2.13%)の28,930.11円、出来高増加。ディストリビューションです。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比-19.80(-1.04%)の1,884.74、出来高増加。ミニ・ディストリビューションです。

見事なまでに一日おきでディストリビューションが発生。その度に下落が加速してますね。。昨日は大型株が耐えていれば。。なんて書きましたが、今日はファーストリテイリングとソフトバンクGが大きく下落。市場全体を押し下げてます。

それ以外の銘柄がどうだったかというとやっぱり流れは悪かったようですね。一部反発した銘柄はあったものの下落が続いています。ソニーが一時的に50日移動平均にタッチしてます。SHIFTは200日移動平均を割り込みそう。。Zホールディングスは今週に入ってから50日移動平均と200日移動平均を割り込んできました。

50日移動平均と200日移動平均はオニールの空売りの考えの中で節目となるラインです。これらを割り込んでくることは下落トレンドの始まりを示唆しています。一度下落トレンドになった主導株は70%強下げるというのがオニールの考えです。

SHIFTは19,000円近くの最高値を付けてから下落し、今日は12,770円。ここからさらに半分に下がるということになりますが、本当にそこまでいくんでしょうかね。。「まさか」が起こるのが株式市場ですから、固定概念はこのさい捨て去ったほうがいいかもしれません。

前日比-36.59(-0.96%)の3,777.36、出来高横這い。

オンキヨーとCAICAが出来高下げる中で市場全体の出来高は下げなかったので市場全体としては出来高増加でディストリビューション気味だったかも。

超低位株も下げているとなると個人もかなり手を引いてきたのかもしれませんね。大きく売り抜けという訳ではないようですが流れとしては悪いことに変わりありません。。

マザーズ指数チャート分析

前日比-25.85(-2.16%)の1,171.81、出来高増加。ミニ・ディストリビューションです。

個人も売り抜けの動きになりましたね。。今日は騰落数も80%近く売りです。とはいえラクスなどは上昇。

先行して下げてきた新興株にやや底入れの雰囲気がでてくれば、市場指数は今後悪化しても意外とダメージは押さえられるかもしれませんね。意外と粘っている低位株もあったのでちょっと期待はしているんですが。。

今日は大型株の下落が厳しい感じでした。まだ主導株の下落トレンドよりはマシな状況ですが、これらの銘柄も50日移動平均を割ってくるようなら総悲観という感じです。3月中旬くらいまでの流れが大事ですね。

リバウンドも発生すると思われますが、どの辺の銘柄が上昇するのかが底入れを判断するには大事になってくると思います。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年03月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.