2021年03月投資日記

東証一部は三日続伸。新興市場は停滞。対照的な展開が続く。 CAN-SLIM投資日記【2021/03/29】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

今週で3月も終了。例年4月は新学期効果のアノマリーで11月に続いて上昇しやすい月です。確率的にはかなり高いんですが、市場の展開はなんともいえない感じ。。4月の次にはセルインメイのアノマリーも控えています。仕掛け時、引き際を間違えると痛い目にあいそうな感じがしますね。。

今のところの分析では買いに行くにはすでに遅すぎる感じもするので今は我慢の時期なのかなと思ってます。チャンスを逃さないためにも忍耐忍耐ですね。。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比+453.40ドル(+1.39%)の33,072.88ドル、出来高増加。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比+161.04(+1.24%)の13,138.73、出来高減少。

先週末はリバウンド継続。ダウはほぼ全面高で出来高も増加。再び史上最高値が見えてきました。NASDAQはまだ50日移動平均線を越えてきていません。出来高も減少傾向。上昇に転じたとは判断しづらい状況です。

対照的な展開ですね。。ダウは勢いでてきてますが天井圏ではありますのでここからの動きには注意したいところ。ファミリーファンド絡みの強制決済なんていうきな臭い話もあるので注意ですね。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比+207.82円(+0.71%)の29,384.52円、出来高増加。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比+9.18(+0.46%)の1,993.34、出来高増加。

リバウンドを継続。ザラ場は結構上下しましたね。出来高増加で結構揉み合った感じがしました。先程書いたファミリーファンドの強制決済に絡んで野村ホールディングスが巨額損失を出したということで出来高一位で売られてますね。

市場は三日続伸ですが、ここからどうなるか。「フォロースルー」がでるためには明日からの展開の中で1.7%以上の出来高増加を伴った上昇が必要です。上昇継続についてはそこを確認してからですね。

JASDAQ平均チャート分析

前日比-0.78(-0.02%)の3,924.30、出来高増加。

本日は下落。出来高は平均以下ですが増加しています。ほぼ横這いなのでストーリングと判断しましたが全体的に出来高が増えた感じはしないのでなんともいえません。ダブルトップを意識するような動きなので明日からの展開に注目です。

マザーズ指数チャート分析

前日比-21.39(-1.78%)の1,177.19、出来高減少。

新興銘柄は勢いなかったようです。騰落数も70%が下落。再び200日移動平均線が近づいています。50日移動平均線との間もどんどん狭くなりますね。。このままマザーズが盛り返さないとそのうちデッドクロスも見えてきます。ここでどちらに向かうかは中長期的に大事になってきそうです。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年03月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.