2021年05月投資日記

市場の下落は続く。やはり半導体銘柄に勝機があるか。 CAN-SLIM投資日記【2021/05/13】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

今日も厳しい下落の流れが続きました。市場全体に暗いムードが流れていますね。。一方で決算も今日明日でピークを迎えます。なかにはチラホラと好決算のサプライズを受けて上昇している銘柄もあります。地合いが悪いのでそれほど無理はできませんが、皆が売りに動いている時にむしろチャンスが巡ってくるというのも株式市場のセオリーですね。

好決算の銘柄については数字の推移だけをみて今後爆発しそうな銘柄を取捨選択しているんですが選んでみると半導体銘柄が多いようです。どうも来期以降は半導体銘柄に勝機があるように思います。まぁ今さらなんですが(^-^;

テーマとしてはだいぶ前から謳われていましたが、実際に数字で見えてきたのでやはり本物なのかなと思います。

バクチをする気はないんですが、確信できたものに関しては許容できるリスクの範囲でトライしていこうと思います。なにが正解かは神のみぞ知るですね。。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比-681.50ドル(-1.99%)の33,587.66ドル、出来高増加。ディストリビューションです。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比-357.74(-2.67%)の13,031.68、出来高減少。

ダウ、NASDAQとも大きく続落。ダウは50日移動平均線での動きがどうなるかですね。NASDAQは下げ止まるかと思いましたがダメでしたね。。過去はここから再び50日移動平均線を越える上昇を見せています。同じような展開になるのか、それとも200日移動平均線まで一気に下がるのか。。それほど出来高は増加していないんですけどね。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比-699.50円(-2.49%)の27,448.01円、出来高減少。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比-28.91(-1.54%)の1,849.04、出来高減少。

大きく続落。TOPIXもBOX底値を割りました。この水準であれば必ず介入していた日銀も動かず。。後ろ盾を失って投資家心理も悪化しそうですね。。明らかに決算からの材料出尽くしで崩れています。今年のセルインメイは健在のようです。

JASDAQ平均チャート分析

前日比-38.02(-0.99%)の3,804.99、出来高増加。ミニ・ディストリビューションです。

今年に入ってからの調整の水準まで一気に落ちてきました。今日は好決算であげたテクノホライゾンも下落。。このまま悪化していくとコロナショックの二の舞ですね。。

マザーズ指数チャート分析

前日比-30.47(-2.78%)の1,065.38、出来高減少。

マザーズはいち早く年初来安値水準に入ってさらに下落を加速。50日移動平均線と200日移動平均線のデッドクロスが目前です。。下落率はまだまだですが最高値からの下落幅はもうコロナショック並みになってますね。。新興成長株からの資金抜けがとまりません。。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年05月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.