2021年08月投資日記

日本市場はリバウンド。移動平均線との取り合いで勢いを確認。CAN-SLIM投資日記【2021/08/10】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

あっという間にオリンピックが終わってしまいましたね。無観客ということで地元で開催されているにも関わらず浮世のことのように感じてしまったのは残念でした。次、日本でオリンピックする時は生きてるかな。。という感じですね。(-_-;)

さて、市場に目線を戻すと先週の新興市場は下落の流れとなりました。東証一部は揉み合いでしたが新興市場にどれだけ影響を受けるのか。。という感じで今週突入しています。決算も続々と出てきていますが、好決算でもどうにも株価が上昇に向かっていないのが今の状況です。上昇に向かうにはパワー不足だな。。というのが実感しているところです。

今日のところはリバウンドの動きでしたが、全体としてどういう動きになっていくかですね。ちょうど50日移動平均線と200日移動平均線が良い感じで絡んでいるのでいい指標になると思います。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比-106.66ドル(-0.30%)の35,101.85ドル、出来高減少。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比+24.41(+0.16%)の14,860.18、出来高減少。

ダウは下落。NASDAQは上昇。天井圏での揉み合いが続いています。NASDAQは以前の天井からやや上に抜けていますね。動きは沈静化しているので次どちらに大きな動きが見えてくるのかです。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比+68.11円(+0.24%)の27,888.15円、出来高増加。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比+6.94(+0.36%)の1,936.28、出来高増加。

本日は上昇。前場は伸びましたがその後押される動きになりました。それぞれ抵抗線となっている移動平均は越えていません。平均線を越えて安定するようだと下落の流れが和らぐかもしれませんね。

JASDAQ平均チャート分析

前日比+32.80(+0.84%)の3,935.23、出来高増加。

今日は大きくリバウンドしました。50日移動平均線との取り合いがどうなるかで雰囲気変わりそうです。

マザーズ指数チャート分析

前日比+18.48(+1.74%)の1,083.22、出来高減少。

マザーズも上昇しました。出来高は下落してきています。リバウンドがどこまで続くかですね。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年08月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.