2021年08月投資日記

ダウ平均は上昇するも日本市場は寄り天の展開 CAN-SLIM投資日記【2021/08/17】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

昨晩の米国市場は下がると思われていた節がありますが、ダウは最高値を更新。それを受けて今日の日本市場はリバウンド局面になるのかなと思ったら寄り天でした。新興市場は相変わらず厳しい展開。ウォッチしている買い候補銘柄は目も当てられない状況ですね。。

地合いとは本当に不思議なものです。似たような銘柄をいつも選定しているつもりですが、時期によってまったく違う結果になってしまうのですからね。。

今売っている銘柄だって、時期が違えば買っててもおかしくない銘柄です。投資の難しさはこういうところにあるんだろうなと実感しております。。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比+110.02ドル(+0.31%)の35,625.40ドル、出来高増加。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比-29.13(-0.20%)の14,793.76、出来高減少。

世界市場がつまづいてもダウだけは上昇を止めませんね。。再び最高値を更新です。寄り付きこそ下げたもののその後は戻す展開でした。さすがに違和感ありますね。。

NASDAQも寄り付きは下げましたが戻しています。揉み合いは継続。ダウとNASDAQのダイバージェンス(乖離)が拡がってますね。どちらが米国市場の勢いを表しているのかです。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比-98.72円(-0.36%)の27,424.47円、出来高減少。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比-9.35(-0.49%)の1,915.63、出来高減少。

昨日の米国市場を受けてリバウンドの局面かと思いましたが寄り天になってます。名村造船所が出来高トップになってますが全体的に海運系の銘柄が盛り上がってますね。。好決算銘柄は軒並み下落。。投機的な動きが加速してますね。大荒れの状況はまだまだ続きそうです。

JASDAQ平均チャート分析

前日比-46.85(-1.19%)の3,892.38、出来高増加。ディストリビューションです。

今日の下落はJASDAQ市場にも本格的な下落トレンドが来たことを物語っているようです。50日移動平均線が見事に抵抗線となり、直近底値を割ってきました。明日以降のリバウンドが弱いようだと続落も視野に入ってきます。

マザーズ指数チャート分析

前日比-21.23(-2.06%)の1,009.39、出来高減少。

今日も続落。昨日よりは出来高減りましたが売り圧力は引き続き高そうです。下落率見ても容赦ない資金抜けになっています。。新興銘柄は当分手を出せない感じですね。。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年08月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.