CAN-SLIM投資法

「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

投稿日:2019年3月6日 更新日:

「CAN-SLIM」は「オニールの成長株発掘法」(パンローリング)で詳細に述べられている銘柄選択のポイントになるキーワードの頭文字を集めたものです。今回は最後の要素「M」についての概要と実際の投資における活用方法について説明します。

お薦めの本

MはMarcket Direction、市場の方向です。今までの6つの要素でどんなにいい銘柄を見つけたとしても、市場全体が下落の方向に向かっていたら利益は残せない。やはり全体の流れには逆らえないという事でしょう。しかし、この市場の流れを読むという事ですが、果たして正確に読める人がこの世の中にどれ程いるというのでしょう?著名なアナリストの意見を見ていても、人によって意見は千差万別。時々あたりはせれど、100発100中の人など見たことありません。

市場をよく観察する

しかしオニールは可能だといいます。

実際にリーマンショックをはじめとした数々の暴落を避けることに成功した人がオニールの考えに基づいて投資している個人投資家でも沢山いるというのです。

正直この要素に限っては非常に奥が深く、まだまだ私の身になっていないのが実情です。

オニールは著書の中で魚の論文の話を述べています。

ある教授が学生に魚に関する論文を提出するように言ったところ、学生は図書館で魚に関する書物を調べて提出したそうです。ところが教授はそのレポートを破棄します。学生が驚いたところ「水槽の前に座って実際に魚を観察するのです」と述べたという話です。

私もこの話のごとく、頭で考えることも重要ですが、市場の流れを観察してこの難題をクリアしたいと思っています。

未来を予測するのではなく、結果を見よ

市場の動きはすべての個別の値動きの総体です。

その動きにはいろんな思惑や社会的、政治的、天候、災害などあまりにも多くのパラメータが存在しており、何が影響するかは起こって見なければ分かりません。

失業率やGDPなどの経済指標が相場の方向性を決めると思っている方もいると思います。しかし株式市場は常に景気を先行して上昇、下降し始めます。従って経済指標を参考にしていては既に乗り遅れている可能性が高いのです。

オニールはそれらを見越した上で未来を予測するのではなく投資家が判断した結果が値動きや出来高に反映されるので主要な市場指標を常に観察して値動きや出来高から市場の方向性を読むことが重要だと述べています。

景気循環を意識する

話は変わりますが、景気循環という言葉があります。

景気は短期、中期、長期、超長期と波動があって、それぞれバイオリズムの様にサイクルを刻んでいるというものです。この景気循環をある程度考えの中に組み込んでおくというのは重要です。

私は日本の景気循環論の第一人者である三菱UFJモルガンスタンレー証券の嶋中雄二さんの意見をよく参考にします。

以前はサイトでリポートを無料で見られたのですが、今は口座を開かないと見られないようになってしまいました。

従って、記事に寄稿した時の意見や著書を参考にしています。

著書によると2019年以降4つの波動の上昇がすべて重なるゴールデンサイクルが訪れるそうです。

こちらも一読する事をお勧めします。

政策金利の動きに注意する

株式市場の暴落あるところ「利上げ」が絡んでいます。日本のバブル崩壊も日銀の利上げがきっかけとなりました。

ブラックマンデーやリーマンショックも同様です。逆に金融緩和は上昇のきっかけとなります。アベノミクスがそうですね。

利上げは一国だけの問題ではなく、世界経済と密接に連動しています。過去の利上げを見ると欧米がまず利上げをして、最後に日本が利上げするパターンが多いようです。

日本が利上げをして一巡したところで大暴落が起こる。ということなんですね。

2019年3月現在、FRB(米連邦準備制度理事会)が利上げの動きを見せています。日本は異次元の金融緩和中ですが、プラスに転じたところでは注意が必要です。

当然景気が良くなったことを確認して利上げするわけですから、その頃には市場は天井を迎えているはずです。

バブルが一気に弾ける危険が高まります。

まとめ

この要素についてはあまりにも奥が深く、ポイントをまとめることができませんでした。

ここに書いたこと以外にも沢山の内容があり、自分自身もまだ飲み込めてない状況です。

実践を繰り返しながら、いつか納得ができるレベルまできたら改めて続きを書いてみたいと思います。

他の要素は以下よりご覧ください。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

下記をクリックしてRSSに登録よろしくお願いします!
follow us in feedly

-CAN-SLIM投資法

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.