2020年11月投資日記

日経平均はバブル後最高値を更新。ここから飛び乗りはOK? CAN-SLIM投資日記【2020/11/09】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

先週から体調がイマイチだったのですが、週末についに風邪でダウンしました。。今も咳が止まらず。。苦しみながらのブログ執筆です。(-_-;)

晩秋に入ってきてコロナ患者も急増している模様。まだまだ油断はできませんね。

一方で大統領選挙はバイデン氏の勝利が濃厚。トランプ大統領は粘ってますがどうなるんでしょうね。。

大統領選前後に上昇しだした相場は勢いづいており、日経平均はバブル後最高値を更新しました。このタイミングで更新するんですねぇ。。ホント相場の動きはわかりません。。

週末は寝込みながらまたオニール先生の本を読んでいたんですが、オニールの投資法は短期的な動きを読むのではなく、この動きが長期的な流れの転換サインとなるかどうかが大事だというのをまた改めて思い出した次第。

焦って流れに合わせようとしてはいかんのですよね。。ここはじっくり腰を据えて流れを見極めたいところです。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

寄り付き低く始まりましたがやや上昇して上下で横這いの動き。最後プラス圏に上昇したものの再びマイナス圏に落ちて引けています。出来高減少。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

寄り付きから下落しましたがそこからジリジリ戻してプラス圏に浮上。その後マイナス圏に下落しましたが最後再びプラス圏に上昇して引けています。出来高増加。ストーリングになっています。

ダウは調整の動きとなりましたが、NASDAQは出来高を増加させたものの株価は揉み合いとなりストーリングとなっています。天井圏でのこの動きがどう影響するか。

引き続き警戒してみていこうと思います。

日経平均/TOPIXチャート分析

寄り付きから高く始まりジリジリと上昇。後場は横這いの動きからやや下げて引けています。出来高減少。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

日経平均と同じような動きでしたが上昇幅は小さかった模様。出来高減少。ダイバージェンス(乖離)は拡大。

12時時点の騰落数は、上げ1,177:下げ904:不変87

日経平均はバブル後の最高値を更新しました。一気にいきましたね。事前の動きからは全く想像もできませんでした。。

オニールの株式市場の方向を掴む方法はピンポイントで株式市場の流れの変化点を読むわけではなく、中長期的な市場の流れの変化を捉えることにあります。そういう意味では日本市場の今の上昇が中長期的な上昇の基点となるかどうかを確かめることが大事ですね。そのためには「フォロースルー」を観測することです。

一方で株式市場の転換点として意識されることに市場のダイバージェンス(乖離)があります。これは日経平均とTOPIXの乖離が株式市場の勢いの違いを表しているというものです。

ともに上昇を続けている両指標ですが、日経平均とTOPIXの乖離はどんどん拡がっている状況です。今日の12時時点の騰落数を見ても市場が総上げしている訳ではなく半分程度は下げている点は見逃せませんね。

依然下げに転ずるリスクも結構あるという感じがします。

果たして今回の上昇が今後どう展開していくのか。どちらの可能性もあるという見方でまずは様子を伺っていきたいと思います。

JASDAQ平均チャート分析

寄り付きからやや高く始まりそのまま横這いで引けています。出来高減少。

12時時点の騰落数は、上げ314:下げ246:不変59

株価は続伸。出来高水準を徐々に下げつつも4連騰しています。上昇が続いているので「フォロースルー」につながる「上昇への試しの動き」の位置を明示しました。なんとも不気味な感じがするんですがこの流れはどこまで続くんでしょうか。。

マザーズ指数チャート分析

寄り付きやや高いところで始まり上下の動き。最後は安値圏から高値圏まで一気に上昇して引けています。出来高増加。

12時時点の騰落数は、上げ227:下げ95:不変8

今日は出来高増の中で市場全体が上昇したようです。マザーズも「上昇への試しの動き」の位置を明示しました。明日以降、上昇への転換サインがでるのか。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高】

全市場上昇。東証一部のダイバージェンス(乖離)は引き続き拡大してます。

マザーズは出来高増での上昇となりました。ここから「フォロースルー」を観測するのか。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2020年11月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.