2020年11月投資日記

引き続き成長株のリバウンドだが市場は膠着状態 CAN-SLIM投資日記【2020/11/20】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

コロナの感染状況は日毎厳しさを増してますね。そんな状況を不安視して躊躇してるのか市場の方向感が急速に分かりづらくなりました。投資家も判断が難しい局面ですね。。

明日から3連休ですが再びコロナで外出機運が萎んでしまいました。。そんな事もあり国内投資家のセンチメントは弱気に傾いてるような感じですが、外国人投資家にはまだまだマシな日本と映っているのかもしれませんね。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

寄り付き低く始まり午前中は上下する動き。午後に入りジリジリと上昇してプラス圏に浮上。その後は横這いでプラスで引けています。出来高減少。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

寄り付きやや低く始まるもジリジリと上昇。プラス圏に浮上してそのまま高値圏で引けています。出来高増加。

昨晩はリバウンドの動きになりました。NASDAQは値動きは小さいものの徐々に出来高増加してますね。買いと売りが交錯しています。ダウにはやや勢いの減退が見られます。天井圏での様子見相場ですがここからどちらに動いていくか。

今後の動きが気になるところです。

日経平均/TOPIXチャート分析

寄り付き低く始まり上下しつつも横這いの動きでマイナスで引けています。出来高減少。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

寄り付きやや低く始まるもジリジリと上昇。最後プラス圏に浮上して高値で引けています。出来高減少。ダイバージェンス(乖離)は縮小。

12時時点の騰落数は、上げ984:下げ1,059:不変121

本日も日経平均はマイナスですがTOPIXはプラス。成長株のリバウンドが続きました。市場にはやや停滞感が出てますね。。

一進一退の流れからどちらに向かうのか。引き続き市場の動きには十分注意が必要ですね。

JASDAQ平均チャート分析

寄り付きやや低く始まるもすぐに上昇してプラス圏へ。一度調整しましたが最後は上昇してほぼ高値でプラスで引けています。出来高減少。

18時時点の騰落数は、上げ266:下げ263:不変96

今日はリバウンドの動きでしたが全体の出来高がだいぶ減少してます。上位2銘柄だけで40%強を占めましたね。それ以外の銘柄はかなり抑え気味だったようですね。

市場の勢いはだいぶ下がっているようです。。

マザーズ指数チャート分析

寄り付きやや高く始まり前日終値を挟んで上下の動き。最後はマイナスでしたがほぼ前日終値で引けています。出来高減少。

18時時点の騰落数は、上げ162:下げ147:不変19

指数はほとんど横這いの動きで出来高が減少してきています。ここからどっちへ動いていくか。。という感じですね。3連休の間に先物市場などでどのような動きを見せるでしょう。ここから出来高増加しての動きが重要になりそうです。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高】

東証一部のダイバージェンス(乖離)が縮小。引き続き成長株にリバウンドの流れだった模様。

出来高は全体的に低調。様子見の雰囲気がありありです。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2020年11月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.