2021年01月投資日記

遂に大統領交代。市場の期待感の高さは不安材料か CAN-SLIM投資日記【2021/01/20】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

大混乱だった次期大統領をめぐる動きも今夜でいよいよ決着がつきますね。世界で最も深刻なコロナ感染状況で大統領になるのは大変だと思います。

そんなことはお構いなしに株式市場にはバンバンと資金が流入してきていますが、果たしてここからどうなっていくんでしょうね。例によって悲観論と楽観論が入り混じり、なにを信じてよいのかわからない状況になってます。

投資は資産を増やすためにやるんですが、最も大事なことは減らさないこと。ついついビッグチャンスだと思うとリスクを取りたくなるんですが、しっかり自重したいところです。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比+116.26ドル(+0.38%)の30,930.52ドル、出来高減少。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比+198.67(+1.53%)の13,197.18、出来高減少。

ダウはディストリビューションが連発しましたが昨晩は弱い反発。一方でNASDAQは大きめの反発となってます。今夜バイデン大統領の就任でいったんの区切りはつきますが、ここから市場はどう反応していくんでしょう。

大統領選後の株価は上昇基調でした。当然ながらバイデン大統領の取り組みに対する期待を織り込んだ動きということになります。それだけ期待感が高いということはひとつ念頭に置くべき事柄だと思います。

要はそれだけハードルが高いということですよね。仮に良い指標が出たとしても期待にそぐわなければ市場のセンチメントを冷やす結果につながります。

バイデンさんも大変な時期に大統領に就任したなと思いますね。。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比-110.20円(-0.38%)の28,523.26円、出来高増加。ディストリビューションです。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比-6.26(-0.34%)の1,849.58、出来高増加。ディストリビューションです。

今日は大型株が下げて小型株が上昇。昨日と逆ですね。。利益を求めて資金が右往左往しているようです。そんな中での今日のディストリビューション。売り抜けの動きと認識してもよいのかなと思います。

引き続き同様の展開が続きそうですが、どこかで大きな売り抜けの動きが出てくると下落トレンドへの動きにつながりそうです。

JASDAQ平均チャート分析

前日比+7.05(+0.19%)の3,798.68、出来高減少。

リバウンド継続してますが出来高水準は低いですね。JASDAQはそれでもジリジリ上げていくことが多いのでなんともいえませんが。

チャートの動きをずっとみていると最もわかりづらいのがこの市場です。なんか特別な事情があるんですかね??

マザーズ指数チャート分析

前日比+1.81(+0.15%)の1,237.73、出来高減少。

ここ三日は同水準で揉み合ってますね。出来高水準は結構高い中での動き。売り買いが交錯している感じでしょうか。個人投資家は活発に動いている感じしますね。徐々に決算後の動きも見えてきますのでここからの市場の流れは今後のトレンドを見る上では大事になってきます。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年01月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.