2021年06月投資日記

市場は二極化した動きになってきたか CAN-SLIM投資日記【2021/06/02】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

市場はジリジリした展開だったんですが、空売り候補銘柄は軒並み下落しました。コロナ禍銘柄としてリモートワークなどのDX化に特化した銘柄は特に厳しかったようですね。。ラクス、ブイキューブ、オプティムなどの銘柄が売られています。ワクチン接種の動きが加速すると同時にアフターコロナ銘柄と動きが二極化しているようです。その辺が市場の揉み合いに表れているのかもしれませんね。

昨日は相場はしょせん需給と書きましたが、需給の向かう先として相場のテーマを押さえるというのはやはり大事ですね。よくファンダメンタルズ派、テクニカル派などどいいますが、どちらかに偏っているのでは上手くいかないと思います。両方を見つつ、需給がどこに向かっているのかを見極める。。やることいっぱいありますが、そうでもしないとやはり海千山千の投資家相手には勝てないということでしょう。。

楽して儲ける方法はありませんね。(^-^;

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比+45.86ドル(+0.13%)の34,575.31ドル、出来高増加。ストーリングです。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比-12.26(-0.09%)の13,736.48、出来高減少。

ダウはザラ場上昇しましたが引けにかけて下落してきました。プラスで引けたもののストーリングとなってます。史上最高値からのダブルトップを意識する展開です。NASDAQは相変わらずの天井調整となってます。こちらはオーバーヘッドサプライに抑えられた形。どちらも今後の展開には警戒です。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比+131.80円(+0.46%)の28,946.14円、出来高増加。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比+16.15(+0.84%)の1,942.33、出来高増加。

今日は出来高増加でリバウンドの流れとなりました。TOPIXは50日移動平均線を再び越えています。日経平均はまだ抜けてませんね。明日も続伸していくようなら上に向かう可能性もでてきます。大事なポイントになりそうです。

JASDAQ平均チャート分析

前日比+1.01(+0.03%)の3,897.77、出来高減少。

なかなか焦らしてくれますね。(^-^; まだジリジリと50日移動平均線に迫っています。さすがに明日はどちらかに動きますかね。3,900という節目もありますし大事な分岐点です。

マザーズ指数チャート分析

前日比-5.94(-0.52%)の1,135.80、出来高減少。

唯一下落を先行しているかのようなマザーズ。再びオーバヘッドサプライを下に抜けてます。ここから1,100を下抜けすると再び下落に向かう可能性が高まります。マザーズは危険信号です。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年06月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.