2021年06月投資日記

市場はスッキリしない展開。突然の急落には要注意の地合い CAN-SLIM投資日記【2021/06/28】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

金曜日はブログをサボってしまいました。。言い訳ですが先週は色々と忙しくて余裕がありませんでした。週末しっかり休んだので今週からまた頑張ります!

さて、ここ最近の市場ですがどうにもスッキリしませんね。値動きが少ないと思ったら急落するという展開が2月にバブル後高値をつけてから続いています。しかもそのたびに天井は低く低くなっていくばかり。。市場の上昇の流れに乗ることを基本とするオニールの手法では入りづらい展開です。。

ここはじっくりと腰を据えて狙いを定めたいところです。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比+237.02ドル(+0.69%)の34,433.84ドル、出来高増加。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比-9.32(-0.06%)の14,360.39、出来高増加。ストーリングです。

ダウ、NASDAQともに出来高が大幅増加。これは何要素なんだろ? 値動きとしてはダウは再び50日移動平均線を突破してBOX圏に浮上。NASDAQはストーリングになりました。対照的な動きのうえに大幅な出来高増でなにやら不気味な感じします。。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比-18.16円(-0.06%)の29,048.02円、出来高減少。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比+3.02(+0.15%)の1,965.67、出来高減少。

東証一部は再び値動きの少ない展開。天井が徐々に下がってきている流れに変わりはありません。その間に何度かの急落を挟んでいるのがこの頃の市場の動きです。どうにもスッキリしない展開なんですよね。強気にはなれないなぁ。。

JASDAQ平均チャート分析

前日比+27.82(+0.70%)の3,995.74、出来高増加。

出来高を増加させて一気に節目のラインを越えてきましたね。これはこのまま上昇するのかな??出来高上位は低位株が占めてます。これが市場全体の盛り上がりといえるのか。。

マザーズ指数チャート分析

前日比+10.36(+0.87%)の1,207.04、出来高減少。

再び200日移動平均線まで上昇。メディネットはだいぶ落ち着いたようです。指数は200日移動平均を越えてくるような流れが見えてくるかどうかですね。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年06月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.