CAN-SLIM投資日記【2019/5/16】


5月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

各市場動向【価格推移】

週偏差率 = (本日の市場価格 – 週平均価格) ÷ 週平均価格

各市場動向【出来高推移】

週偏差率 = (本日の出来高- 週平均出来高) ÷ 週平均出来高

投資概況

5月3週目の木曜日。海外市場は自動車関税の発動延期をきっかけに上昇しましたが動きとしては弱いものでした。日本の市場は現在下降トレンドに入っており、今回の件もトレンドを転換するほどの材料にはなっていません。低調な商いが続いています。

マザーズは昨日上昇の気配を見せましたが、再び勢いを失っております。他の市場も低調な出来高です。出来高が大きく好転してこない限りトレンドの転換はこないと思っています。

■RPAホールディングス【6572】前日比+0.81%

RPAホールディングスの選定理由はこちらです。

【2019.4.13】RPAホールディングス【6572】の選定理由

前場から後場にかけて上昇して上場来高値を更新しましたが出来高が上がってきません。引けにかけて下落しました。市場が弱い中でプラスは保ってますが上昇するにはエネルギーが足りない状況です。

週足で見ると長めの陽線を形成しています。ここ2週は上ヒゲとなってますので、明日下落しないことを期待しています。

■医学生物学研究所【4557】前日比-3.15%

医学生物学研究所の選定理由はこちらです。

【2019.4.22】医学生物学研究所【4557】の選定理由

朝方から下落基調でした。時々大きな買い板が発生し、売りを吸収していました。昨日より大きめの買い板が時々見えるようになっています。

週足で見ると下ヒゲを形成しています。この状態をキープして週末を迎えてほしいところです。2500円のラインが下落の節目となりそうです。

ピックアップ銘柄

■北の達人コーポレーション【2930】

北の達人はCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.4.16】北の達人コーポレーション【2930】の選定理由

一時499円まで戻しましたが始値より若干下げて引けました。明日500円を回復するかどうかが重要かと思います。

■PKSHA Technology【3993】

PKSHA TechnologyはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.3.29】PKSHA Technology【3993】の選定理由

決算の状況を反映して大きく値を下げました。明日下落前の水準に戻れば平底型ベースの継続となります。市況が悪い中で戻すことができるのか注目しています。

■チームスピリット【4397】

チームスピリットはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.3.27】チームスピリット【4397】の選定理由

決算後の上昇を経て市況に押されて調整に入っています。しかし下落せずに水準を保っています。ファンダメンタルは非常によい銘柄ですし、まだまだ利益確定の動きも見えません。トレンドが転換すると再び上昇する可能性があると思っています。次に出来高を伴って上昇した時がインのポイントかと思います。

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう