2020年07月投資日記

さよなら・・チムスピ CAN-SLIM投資日記【2020/7/15】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

今日はここ最近の不調の総括のようにすべてが思惑と逆に動いた一日でした。。こういう日はブログを書く手も進みませんね。。(*´Д`*)

ブログの題名に全ての思いが滲み出ています。(-_-;)

ついつい手をだしたポジションで損を拡大する。というのは悪い時の流れですね。ここはじっくり構えなおして体制を立て直したいと思います。。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

寄り付きはやや低く始まりましたがジリジリと上昇。そのまま高値圏で引けてます。出来高は減少。安値で引けたと思えば次の日は高値と。。まぁ極端な相場です。。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日終値を挟んで上下の動き。最後はプラス圏で引けています。出来高は減少。戻し幅としては弱かったか。ここからリバウンド継続となるか?今晩の動きも注目です。

引き続き様子を見ていきます。

日経平均/TOPIXチャート分析

寄り付きから高く始まり横這いで引けています。出来高は増加。調整から上に抜けてきましたね。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

日経平均とほぼ同様の展開。出来高は増加。日経平均とのダイバージェンス(乖離)は変化なし。TOPIXは調整から抜けてません。

12時時点の騰落数は、上げ1,598:下げ482:不変88

出来高上位を見るとそれほど上昇に勢いがあるようには見えないんですけどね。。

日経平均は揉み合いからやや上抜けしたような感じしますが、このまま上昇の流れになるんでしょうか?

仮に上昇が続いたとしてもそれほど強い動きになる感じはしませんが。

JASDAQ平均チャート分析

寄り付きから高く始まりやや下げましたが後場は上昇して高値圏で引けてます。出来高は増加。ヘッドアンドショルダー(三尊天井)は崩れてますね。

12時時点の騰落数は上げ366:下げ186:不変61

なんだかすごい出来高前日比で上昇してます。インターライフは決算がらみ。不二精機は?よくわからなかったな。。テイツーには再び出来高が集中。全体の出来高にも影響与えたようですね。

市場全体が盛り上がったという感じではないようです。

マザーズ指数チャート分析

寄り付きやや高く始まりそのままジリジリと上昇。高値圏で引けてます。出来高は減少。ヘッドアンドショルダーが崩れましたね。揉み合いの動きになってます。

12時時点の騰落数は上げ184:下げ120:不変15

上位5銘柄のメンツはほぼ変わってませんが、前日比出来高も株価もずいぶん下げましたね。今日はマザーズコアの銘柄は上げましたが、個別は結構下げてたみたいですね。海外法人は買ったけど個人が売った感じなのかな。。

市場の感じの割には苦しい状況だったようです。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高】

上昇と下落が交互にきてるな。。揉み合いですね。市場は上昇基調だしたがそれほど勢いはなかったか。

マザーズの勢いがだいぶ下がってるようです。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2020年07月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.