2020年07月投資日記

市場はリバウンド継続だが勢いは? CAN-SLIM投資日記【2020/7/6】

投稿日:2020年7月6日 更新日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

九州では豪雨が猛威をふるってますね。関東も今日は激しい雨と最近はずっと風が強い。。コロナ禍だろうがなんだろうが自然の猛威は手加減してくれないですね。。皆さんも災害に備えて準備を怠らないようにしましょう。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NYSE総合株価指数/NASDAQチャート分析

 

先週末のNY市場は休場でした。

日経平均/TOPIXチャート分析

寄り付きからジリジリと上昇。そのまま高値圏で引けています。出来高は増加。小幅な値動きが続いていましたが、今日は久々に大幅上昇となってます。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

日経平均とほぼ同様の展開で高値圏で引けています。出来高は増加。日経平均は最近のもみあいから上に抜けていますが、TOPIXはまだもみあいから抜けた感じではありません。ダイバージェンス(乖離)の状況が発生してますが、今後どう影響してくるかな。。

12時時点の騰落数は、上げ1,798:下げ303:不変65

上げ一辺倒な感じだったんだなぁ。出来高上位も総じて上昇。ただ出来高は低い水準が続いてます。それなりに大きな上昇だっただけに今後の流れにどう影響するんだろうか。。TOPIXとのダイバージェンス(乖離)の発生とともに気になるところです。

JASDAQ平均チャート分析

寄りからジリジリと上昇。そのまま高値圏で引けています。出来高は増加。先週末は弱い感じだったけど今日は良かったな。。

12時時点の騰落数は上げ419:下げ153:不変48

低位株祭り継続。出来高がだいぶ盛り上がってるな。。値動きは思ったより大人しいですね。

週明けのJASDAQは勢いもって上昇。明日以降も継続するのか。

マザーズ指数チャート分析

寄り付きから上昇。前場やや下げるもその後再び上昇。最後もやや垂れて引けています。出来高は減少。

12時時点の騰落数は上げ238:下げ77:不変9

マザーズの出来高上位は結構株価下落してましたね。直近上昇を牽引していた銘柄に売りが出てます。新興市場のリバは弱いとみてますが、果たしてどうなるか。。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高】

全市場上昇。東証一部は大きなリバウンド、新興市場はややおとなしめ。

JASDAQはかなり大きい上昇。週偏差ではそれほどでもないかな。全体に低調だったようです。

7月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

買いポジション

Fringe81【6550】株価前日比-0.84%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

寄り付から上昇しましたが前場途中から下落。最後は急落して引けています。スタート位置は悪くないですが結構動き弱かったな。。出来高は増加。

引き続き様子を見ていきます。

売りポジション

NEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信【1545】株価前日比+1.33%

先週末は米国市場が休場。ETFは上昇してます。NASDAQには前向きなニュースが多くなってきた。。そろそろ潮時になってほしいな。。(-_-;)

引き続き様子を見ていきます。

マザーズ・コア上場投信【1563】株価前日比+2.72%

マザーズもリバウンドは弱いとみてマザーズコアに再度空売りをいれました。50日移動平均を挟んでの動き。下に抜けると加速するか。。

引き続き様子を見ていきます。

CAN-SLIM銘柄の買いのタイミング・売りのタイミングをどのように判断しているかについては以下の記事を参考にしてください。

AS Wind流投資手法 株を買うタイミング その1・基本のチャート形状「取っ手付きカップ」

AS Wind流投資手法 売りの戦略と株を売るタイミング

空売りの手法については、「オニールの空売り練習帖」をベースに進めていこうと思いますが、また徐々にブログ記事で紹介していきたいと思います。

ピックアップ銘柄

今後、CAN-SLIM銘柄として投資対象になる可能性のある銘柄のチャートを追っていきます。

オプティム【3694】株価前日比+1.59%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

週足の始まりとしては悪くないですね。値動きは小さいが確実に上に切り上げてます。引き続き勢いを保つのか。

引き続き様子を見ていきます。

ALiNKインターネット【7077】株価前日比+3.98%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

10週移動平均をキープしてスタート。今週はこの水準を保つかどうかですね。

引き続き様子を見ていきます。

ロジザード【4391】株価前日比+4.29%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

こちらも10週移動平均をキープしていくかどうかが今週の焦点になりそうです。

引き続き様子を見ていきます。

イノベーション【3970】株価前日比-2.46%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

なだらかな下落の流れが継続してますね。10週移動平均が寄ってくるまでは調整の動きが継続するか。出来高はだいぶ下げてるのでいい調整だと思うのですが。

引き続き様子を見ていきます。

売却後・買戻し後の動き

実際の判断(損切り・利益確定)が的確に実行されたかについてその後の動きを一か月を目途に追いかけて検証したいと思います。

チエル【3933】株価前日比+7.78%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

10週移動平均を挟んでの動き。今週はキープするかどうかが焦点ですね。このパターンがだいぶ増えてるな。。

引き続き様子を見ていきます。

チームスピリット【4397】株価前日比+0.77%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

10週移動平均を切って推移。ここで耐えるか、ズルズル下げるか。。今週は分水嶺ですね。

引き続き様子見ていきます。

明日の一手

週初めから上昇の流れになりました。日経平均は大きなリバウンドになってます。が、TOPIXとのダイバージェンス(乖離)が気になります。また、新興市場もそれほど勢いがあるとは思えない。。ウォッチ銘柄は10週移動平均を挟んだ攻防。どっちに転がるかで景色はだいぶ変わりそう。。引き続きロングは様子見です。

ショートは指数に空売りいれましたが、どうかなぁ。全然成功したことがないのであまり自身ありませんが。(-_-;)

リバの動きがどこまで続くか。あとは様子見でいきます。

引き続き市場の動きと個別銘柄の動きを見逃さないように観察していきます。

応援していただける方は是非投票(下記アイコンクリック!)をお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

株式ランキング 


 

投資家ブロガーの情報が欲しい方は以下をクリック!

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本 -このブログの元となる考え方が書かれた株式投資の必勝法です-
お薦めの本 -初めてオニールと出会ったのがこの本。投資方法に悩んでいる人は必読の書。自分にピッタリの投資家に出会えますよ-

-2020年07月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.