2021年05月投資日記

新興銘柄は厳しい下落。市場は下落トレンド入りの瀬戸際。 CAN-SLIM投資日記【2021/05/17】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

週末の米国市場の流れを受けて上昇スタート!!と思いきや寄り天。。特に新興銘柄は一部決算がサプライズのものを除いてメタメタだったようです。心理的にもなにか重たいものがありますし、チャート的に見ても抵抗線で跳ね返されそうな流れなんですよね。。まさに瀬戸際といった感じです。

NASDAQも節目のラインに到達してますから今晩の展開は大事です。明日の日本市場にも影響してきそうですね。試練の相場、なんとか乗り切りたい。。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

前日比+360.68ドル(+1.06%)の34,382.13ドル、出来高減少。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

前日比+304.99(+2.32%)の13,429.98、出来高減少。

リバウンド継続となりましたが出来高減少。NASDAQはポイントとなるラインにきてます。ここで下落の流れだとトレンドが転換したと判断してもおかしくないですね。空売りならオニールのエントリーポイントだと思います。今日の寄り付きが窓空けて下でスタートすると怪しい感じしますね。

日経平均/TOPIXチャート分析

前日比-259.64円(-0.92%)の27,824.83円、出来高減少。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

前日比-4.56(-0.24%)の1,878.86、出来高減少。

寄り天になりました。日経平均はBOXの下限で跳ね返されています。このまま明日も続落するようだとチャート形状としては下落トレンド入りが濃厚になります。NASDAQと同様の展開です。

TOPIXは日経平均よりは下げ幅が小さかった模様。しかし揉み合いの下限で跳ね返されているようですね。このまま木曜日の底値を割ると厳しい。。本格的な下落トレンドに入るかどうかの瀬戸際です。

JASDAQ平均チャート分析

前日比-51.68(-1.35%)の3,779.52、出来高増加。ミニ・ディストリビューションです。

再びオンキヨーで出来高増。他の銘柄も厳しい下落に見舞われました。ここから50日移動平均線を回復するには相当な上昇が必要ですが、今の地合いにそれはあまり期待できないですね。。厳しい展開が続きそうです。

マザーズ指数チャート分析

前日比-41.72(-3.85%)の1,042.82、出来高増加。ディストリビューションです。

決算で上昇した銘柄もありましたが新興成長銘柄には試練の展開です。79%の銘柄は売られました。。一時は三角保ち合いの揉み合い状態に入りましたが、200日移動平均線を割ったところで流れは決まったようですね。50日移動平均線とのデッドクロスも明日には完成します。。当面は手出し無用の地合いが続きそうです。

今はマザーズ銘柄には手を出せませんね。。一時は勢いがあったもののすっかり選定銘柄にも出てこなくなりました。。早く地合い改善の流れが見えてきてほしいですね。その時には逆に仕込みのチャンスになると思います。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2021年05月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.