2020年07月投資日記

このまま夏枯れ相場突入か CAN-SLIM投資日記【2020/7/28】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

やっとこ九州南部に梅雨明け宣言が出ましたが気付けばもう7月終わり。やっぱ行事がないと季節感ないですね。。そういえば子供達も本来は夏休み入ってる季節か。。ただ暑いだけの夏になりそうですね。(-_-;)

せめて相場くらい夏枯れ回避して盛り上がってほしいところですが、果たして。。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NASDAQチャート分析

昨晩は寄り付きやや低く始まりましたが、すぐにプラス圏に上昇。その後は横這いの動きで引けています。出来高は減少。ややリバウンドした感じです。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

寄り付きから上昇するも午前中は下落して元に戻る時間帯もありましたが午後はジリジリと上昇して高値圏で引けています。出来高は横這い。このまま下落するとヘッドアンドショルダー気味な展開になりそうですね。

どちらもリバウンドの流れでしたが一段の上抜けはあるんでしょうか。昨日も言いましたがここからの今週の流れは重要ですね。

日経平均/TOPIXチャート分析

寄り付きから上昇しましたが一巡後はズルズルと下げて安値圏で引けてます。出来高は減少。徐々に下げてきてますね。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

ほぼ日経平均と同様の展開。値動きは小幅ながらダイバージェンス(乖離)は拡大しています。出来高は減少。

12時時点の騰落数は、上げ812:下げ1,231:不変115

みずほの出来高だけやたら突出してます。それ以外は株価下落。出来高は増加傾向ですね。自動車株に売りが出てますね。。日本はなんだかんだ製造業が勢いの源ですから気になる動きです。

JASDAQ平均チャート分析

寄り付きは高く始まったものの前場の後半からズルズルと下落して安値圏で引けています。出来高は増加。久々にドンと増えたな。。

12時時点の騰落数は上げ254:下げ295:不変64

市場の出来高急増はオンキヨーに思惑が向かった感じ。全体に影響を与える動きではないですね。テレワークの増加で健康志向から売上急増。。こんな時にしか注目されないから低位株なんでしょうが、、面白いもんですね。(^-^;

それ以外の銘柄は下落傾向。結構厳しい下落になってます。今後にどう影響がでてくるのか。

マザーズ指数チャート分析

流れはほぼJASDAQと同じでした。出来高は減少。ヘッドアンドショルダーは継続。底を割りそうな雰囲気になってきました。

12時時点の騰落数は上げ124:下げ189:不変12

Aimingは相変わらず出来高を集めて下落の流れが続いています。それ以外もなかなか厳しい下落になってますね。引き続き厳しい地合いが続きそうです。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高】

全市場下落。ダイバージェンス(乖離)は拡大。マザーズの下げが目立ってます。

JASDAQは思惑で出来高増になってます。影響は限定的か。

投資銘柄実績とウォッチ銘柄の分析は次のページをご覧ください!

PAGE 1 PAGE 2

-2020年07月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.