CAN-SLIM投資日記【2019/5/21】


5月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

各市場動向【価格推移】

週偏差率 = (本日の市場価格 – 週平均価格) ÷ 週平均価格

各市場動向【出来高推移】

週偏差率 = (本日の出来高- 週平均出来高) ÷ 週平均出来高

投資概況

5月4週目の火曜日。前日の外国市場は総じて下落していました。日本市場は朝方安く始まったものの、後場に入って値を戻しました。しかし引けにかけてズルズルと下落し前日より安く終了しています。個別銘柄は大きく下落した銘柄も散見されました。

トレンド転換の可能性があるマザーズですが、本日も下げて終了しています。トレンドが転換したと言えるためには急上昇する必要がありますね。。なかなか厳しい状況かと思います。

JASDAQは出来高のパワーが増加しています。値動きはここ最近は横這い状態。上昇するのか下落するのかの瀬戸際です。

日経平均はまだまだ市場のパワーが戻ってきていません。引き続き市場は下降トレンド継続と考えています。

CAN-SLIM銘柄については大幅下落せずにプラスで引けている銘柄もあります。本日RPAを利益確定していますので、次の上昇に向けて銘柄の選定を進めていこうと思います。

■RPAホールディングス【6572】

RPAホールディングスの選定理由はこちらです。

【2019.4.13】RPAホールディングス【6572】の選定理由

本日のチャートと出来高は以下サイトで確認ください。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=6572.T&ct=b

本日の前場で全利確しています。値は伸びていますが、出来高は低くパワーが下がっています。近いうちに調整に入ると考えています。

今回、タイミングよく増し玉をしたことで利益目標を大きく越えて着地しています。私はPERで銘柄の過熱感を見ていますが、現状はやや過熱気味かと思っています。上値を追うよりも次のトレンド転換に向けて実弾を確保することが優先されるため、このような戦略をとりました。

■医学生物学研究所【4557】前日比-0.59%

医学生物学研究所の選定理由はこちらです。

【2019.4.22】医学生物学研究所【4557】の選定理由

本日のチャートと出来高は以下サイトをご参照ください。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4557.T&ct=b

本日も朝方に増担保解除ラインあたりまで下落してきたため、そのあたりでの攻防になるかと思ったのですが、その後は出来高を急速に下げて方向感のない動きとなり、最後は前日終値あたりまで戻して終了しています。

だいぶ出来高が低くなっていることと、市況が良くない中ですので、調整の動きが長引く可能性もあります。

現在は増し玉のタイミングを図っています。ブレイク後高値の3,000円近辺が最も確実ですが、損益分岐点が低い利点を活かして、昨日の高値2,944円を出来高伴ってブレイクしたところで拾っていくのもありかと考えています。

ピックアップ銘柄

■北の達人コーポレーション【2930】

北の達人はCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.4.16】北の達人コーポレーション【2930】の選定理由

チャートと出来高は以下サイトをご参照ください。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2930.T

朝方は下げて始まりましたが、若干プラスで引けています。週足で500円をキープすることが上昇の条件になります。今後の流れ次第ですが、4週前の高値が調整のスタートかもしれません。ちょっと長期戦を覚悟したほうがいいようです。

■PKSHA Technology【3993】

PKSHA TechnologyはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.3.29】PKSHA Technology【3993】の選定理由

チャートと出来高は以下サイトをご参照ください。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3993.T

若干下げましたが粘り強い動きです。いつブレイクしてもおかしくない状況です。引き続き注視していきます。

■ビジョン【9416】

ビジョンはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.4.11】ビジョン【9416】の選定理由

チャートと出来高は以下サイトをご参照ください。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9416.T&ct=b

以前保有していましたが、銘柄を絞り込む過程で売却しています。先日、決算発表をきっかけにブレイクしています。本日は若干プラスで引けましたが、今週は調整の動きをしています。

今のところブレイク後の平底型ベースの動きです。オニールの本を再度チェックしようと思ってますが、2~3週間の調整の後にブレイクしたら上昇する可能性があります。

こちらも引き続きウォッチしていきたいと思います。

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう