CAN-SLIM投資日記【2019/6/3】


市場概況

6月1週目の月曜日。先週末のNY市場は大幅下落。中国の製造業PMIも予想以上の悪化という報道を受け、日本市場は朝方から売りの気配で始まりました。その後若干戻すも横這いの状態で終了しています。

新興市場は大幅に下げて終了しています。出来高を見ると東証二部は出来高を上げてきています。マザーズは若干の出来高増、JASDAQは出来高を大幅に落としています。

過去15日間の出来高の週偏差率を見ると、出来高の増加をしている場面は売り抜けのサインだったのかもしれません。今日は大きな動きはない中でこれほどの下落。個人の失望売りが中心でしょうか。

マザーズは出来高増の日に下ヒゲ、陽線を見せていただけにトレンドの判断は完全に読みをはずした形となりました。市場の動きを読むのは本当に難しい。。。

ただ、これをマスターしない限りはトレンドフォローの投資スタイルを取る自分としては致命的なので、なんとか分析する方法を見つけたいと思います。

全体指数と主要指数に関する考察ですが、まとめ方に頭を悩ましています。過去のデータの検証も含めてもう少し精査したいと思っています。

市場動向【価格推移】

週偏差率 = (本日の市場価格 – 週平均価格) ÷ 週平均価格

市場動向【出来高推移】

週偏差率 = (本日の出来高- 週平均出来高) ÷ 週平均出来高

6月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

■医学生物学研究所【4557】前日比-4.99%

医学生物学研究所の選定理由はこちらです。

【2019.4.22】医学生物学研究所【4557】の選定理由

本日のチャートと出来高は以下サイトをご参照ください。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4557.T&ct=b

週末に続いて大幅な下落となりました。出来高が非常に低い中で株価は乱高下する展開。個人中心の売買が続いています。増担保解除となる明日以降にどう動くかですが、地合いの悪い中、他の増担保解除銘柄は思わしくない動きです。大口の参入がないと医学生物も上昇は厳しいかと思います。

ピックアップ銘柄

■北の達人コーポレーション【2930】

北の達人コーポレーションはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.4.16】北の達人コーポレーション【2930】の選定理由

チャートと出来高は以下サイトをご参照ください。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2930.T&ct=b

地合いの悪い中、「カイテキオリゴ」が機能性表示食品として受理されたニュースをきっかけに上げたようです。最近プラスのニュースが続いています。今週、出来高を上げて水準をキープして終わるかがポイントかと思います。

■GA Technologies【3491】

チャートと出来高は以下サイトをご参照ください。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3491.T&ct=b

本日は一時上げましたが、マイナスで終了しています。地合いが悪い中では比較的強い動きだったように思います。下ヒゲを形成する調整の動きが入る流れになればと思います。

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう