CAN-SLIM投資日記【2019/7/3】


市場概況と今後の注目点

7月1週目の水曜日。昨晩のNY市場は上昇して3日続伸となりました。米国の製造業指数が予想を上回ったことや引き続きG20後の流れを受けてのようですが、思ったほどの伸びでもなく上昇に勢いはありませんでした。市場短縮や独立記念日休場等が控えていることも手伝って低調な流れだったようです。

日本の市場は2日続伸のあとで下落。特段の材料もなく、下落幅も限定的でした。明日以降の米市場の状況を考えると、模様眺めの1週間になりそうです。

新興市場も小幅な値動きでした。昨日のマザーズはかなり伸びましたが、本日は小幅下落。朝方から下落しましたが、引けにかけては戻しています。

新興市場については昨日の動きを見ていてもやや勢いを取り戻しつつあるように思います。調整範囲で下げた銘柄については、少しづつ買いを入れていきたいと考えています。

市場動向【価格推移】

本日は全市場下落しました。下落幅は小さいものでした。

東証一部は小型はそれほど下落せず中大型の下落が大きかったようです。

マザーズはここのところ急騰しています。925円を越えてくるか注目しています。

市場動向【出来高推移】

JASDAQは先週までの大きな動きのあとは大人しくなっています。平均株価は上昇していますので、この流れが継続するのか注目です。

東証一部は材料も少なく、出来高も伸びていません。今週は模様眺めのようです。

マザーズはそれほど出来高が上がらない中での今週の急上昇です。上げの勢いを継続するかが気になります。

7月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

■医学生物学研究所【4557】前日比-2.60%

医学生物学研究所の選定理由はこちらです。

【2019.4.22】医学生物学研究所【4557】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。オレンジのラインは10週移動平均線です。

2,900円辺りを底にして落ち着いている状態です。昨日は3,000円をつけましたが、まだまだ勢いが戻った感じではありませんね。しばらくはこの状況が続きそうです。

■総医研ホールディングス【2385】前日比-0.88%

総医研ホールディングスはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.6.16】総医研ホールディングス【2385】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。オレンジのラインは10週移動平均線です。

引き続き調整の動きを見せています。先週、先々週の下ヒゲの位置あたりが調整の底と考えていますので、市場が極端に悪くならない限りは、その位置まで一時的に下落した時は拾っていこうと思っています。

■ポート【7047】前日比-3.12%

ポートはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.6.19】ポート【7047】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。オレンジのラインは10週移動平均線です。

本日は下落。10週移動平均に抑えられています。しっかりとここをブレイクしてくるまでは様子を見ていきたいと思います。

■GA technologies【3491】前日比-0.94%

ピックアップ銘柄で度々とりあげていたGA technologiesです。分析結果については近々でブログにアップしたいと思います。

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。オレンジのラインは10週移動平均線です。

本日はダイナミックな値動き。前引け後にGoogleと協業する内容のIRを発表したこともあり、いきなり4,000円台まで急上昇しましたが、1時間後には3,500円近辺まで急降下。天国と地獄を味わった人もいたでしょう。。。ややパニック売りの状況にも見えましたので、3,500円近辺で拾っています。終値は調整ラインの3,600円近辺で終了しています。IRはすぐに利益につながるような内容ではありませんが、Googleと協業するというのはサプライズなニュースかと思います。明日以降の流れに注目しています。

■マネジメントソリューションズ【7033】前日比-0.24%

マネジメントソリューションズはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.7.1】マネジメントソリューションズ【7033】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。オレンジのラインは10週移動平均線です。

本日は前場に下げましたが、市場が崩れたわけでもなく、比較的買いの勢いが強かったため増し玉しました。結果的に底を拾う形となりました。引けには調整ラインの2,100円近辺に戻しています。明日以降、反発の動きが続いてくれればと思います。

ピックアップ銘柄

■北の達人コーポレーション【2930】

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。オレンジのラインは10週移動平均線です。

本日は下落。引き続き調整の動きです。10週移動平均線を割らない形で調整が続いていけばと思います。

■ハイアス・アンド・カンパニー【6192】

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。オレンジのラインは10週移動平均線です。

本日は下落。調整の動きが続いています。出来高もだいぶ下げています。引き続き様子見です。

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう