CAN-SLIM投資日記【2019/7/17】


市場概況と今後の注目点

7月3週目の水曜日。NY市場はもみ合い。若干の下落です。材料不足で方向感が見えなくなってますね。当面は大型株の四半期決算で指数も動く感じでしょうか。

日本市場もグダグダな感じです。東証一部は若干失速気味な感じになっているのが気になるところです。

書くことにも事欠くような市場の閑散とした流れでした。(-_-;)

そんな中、引き続き保有銘柄は上昇基調です。仕込んでおいた銘柄がいずれも上昇する流れとなっています。これが市場全体を先取りする流れで、市場もこのあと上昇すると大化けも期待できるのですが。

今後の市場の流れが気になります。

市場動向【価格推移】

本日はJASDAQが上昇。それ以外は下落です。

各市場のチャートですが、いずれも下降に向かう形となっており、あまり思わしい方向ではありませんね。

例年どおり夏場は下げ相場になるんでしょうか?

市場動向【出来高推移】

東証二部とJASDAQは出来高が上昇。

JASDAQは昨日の反動で大幅に出来高を上げましたが勢いとしては弱い。。。

全体的に弱い動きです。

7月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

■医学生物学研究所【4557】前日比+0.07%

医学生物学研究所の選定理由はこちらです。

【2019.4.22】医学生物学研究所【4557】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

オレンジのラインは節目と考える10週移動平均線です。

赤の点線はブレイクライン、青の点線は調整の底と考えているラインです。

本日も調整です。決算までは大きく動かない感じかと思います。

■総医研ホールディングス【2385】前日比-0.83%

総医研ホールディングスはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.6.16】総医研ホールディングス【2385】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

オレンジのラインは節目と考える10週移動平均線です。

赤の点線はブレイクライン、青の点線は調整の底と考えているラインです。

本日は下落。もう少し力強くブレイクしてくれるといいんですが。。。こちらの決算内容はプラス要素が多いというのは周知の事実です。大きく伸びるためにはさらなるサプライズ要素が必要ですね。そのポテンシャルは十分あると考えています。

■GA technologies【3491】前日比+3.85%

GA technologiesはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.7.4】GA technologies【3491】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

オレンジのラインは節目と考える10週移動平均線です。

赤の点線はブレイクライン、青の点線は調整の底と考えているラインです。

本日は上昇。引き続きピボットポイント上での調整です。この銘柄は進化のスピードが非常に速いのが特徴です。新たなニュースが飛び込んでくるとさらに株価は伸びていくと思います。

■マネジメントソリューションズ【7033】前日比-2.08%

マネジメントソリューションズはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.7.1】マネジメントソリューションズ【7033】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

オレンジのラインは節目と考える10週移動平均線です。

赤の点線はブレイクライン、青の点線は調整の底と考えているラインです。

本日は下落。調整の動きです。2,500円はキープして終了しました。このまま伸びていくか、調整の動きを取るか見ていきたいと思います。いずれにしても当面はホールドする予定です。

■北の達人コーポレーション【2930】前日比+8.47%

北の達人コーポレーションはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.6.8】北の達人コーポレーション【2930】の選定理由・その2

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

オレンジのラインは節目と考える10週移動平均線です。

赤の点線はブレイクライン、青の点線は調整の底と考えているラインです。

本日は大幅に上昇。年初来高値更新。出来高も大きく伸ばしています。過去の事例を鑑みると、決算を受けたこの上昇の動きは次の決算まで続くと考えています。時々調整の動きが入ると思いますで、その際は拾っていく予定です。

■ハイアス・アンド・カンパニー【6192】前日比+4.95%

ハイアス・アンド・カンパニーはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.6.23】ハイアス・アンド・カンパニー【6192】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

オレンジのラインは節目と考える10週移動平均線です。

赤の点線はブレイクライン、青の点線は調整の底と考えているラインです。

 

本日は上昇。業績好調のニュースに反応したようです。ローソク足実体ベースで年初来高値更新です。このまま上昇の流れが継続するか見ていきたいと思います。

ピックアップ銘柄

■アズーム【3496】

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

オレンジのラインは節目と考える10週移動平均線です。

赤の点線はブレイクライン、青の点線は調整の底と考えているラインです。

本日は上昇。3,000円を挟んで調整しています。決算を間近に控えており、今は手出し無用というところですね。チャートを見る限り、決算で上昇する流れになるパターンではないように思います。かなりのサプライズ決算がでないと厳しいですね。

引き続き様子を見ていきたいと思います。

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう