CAN-SLIM投資日記【2019/6/26】


市場概況と今後の注目点

6月4週目の水曜日。昨日のNY市場は下落。冴えない経済指標とイラン情勢の不透明感、FRB関係者の利下げ慎重発言などをきっかけに下げています。実感のない高値更新ですので、マイナスな材料には素直に反応しているということでしょうか。

日本市場はNY市場が軟調だったことと権利落ち日だったこともあってか下落しています。節目となる21,000円のラインが近づいています。週末のG20を経てなんらかの材料が出るのかが注目です。あまり良い材料がでないと悪化する経済指標とイラン問題、米中貿易問題など、懸念材料が満載のため、あっさり21,000円を割ることも考えられます。昨日夜には急落に備えてNK225指数オプションの8月限プットを購入しておきました。

ここ1~2年は月末月始に急落、急上昇でトレンド転換するパターンが多いので、その辺も注意しながら見ていきたいと思います。

市場動向【価格推移】

本日は最近の全市場同一方向が崩れました。悪い方向に。(^-^;

一日ごとに上昇下落を繰り返しており、今日は上昇の日でしたが、東証二部以外は下落。下落幅は限定されております。

マザーズは非常に小さな値動きでした。徐々に値幅を縮めていっています。

東証一部は本日は小型の下落率が高くなっているようです。

市場動向【出来高推移】

値動きが限定されている中、出来高は東証一部を除いて水面下で活発に動いていました。やはり権利取り、落ちの影響でしょうか。JASDAQの最近の出来高の上昇は非常に目立っています。値動きは小さい中でこの動きはなにを意味しているのでしょうか?

昨日の日記で書いたとおり、大口やVCの動きが活性化しているんでしょうか?

今後、市場が急激に動いた場合はサインとなる事象だと思います。

マザーズは週偏差で見ると引き続き緩やかな動きです。

6月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

■医学生物学研究所【4557】前日比-3.00%

医学生物学研究所の選定理由はこちらです。

【2019.4.22】医学生物学研究所【4557】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。オレンジのラインは10週移動平均線です。

本日は軟調な動き。一気に2,900円まで落ちてしまいました。売りが多く出ている訳ではないですが、買いが続かない状況。今週は弱い動きが続いています。このまま10週移動平均を切ると、下落の流れか調整に入る可能性もあると考えています。その場合は一旦リリースの方針ですが、長期的には必ず上昇する銘柄だと思ってますので、急騰前に仕込んだ分は取っておきたいと思っています。

■総医研ホールディングス【2385】前日比-2.19%

総医研ホールディングスはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.6.16】総医研ホールディングス【2385】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。オレンジのラインは10週移動平均線です。

本日も下落で終了。ブレイク後の調整が続いています。650円ラインまで下落してくるのか、リバウンドしてくるのか、明日明後日の動きに注目しています。

■ポート【7047】前日比-0.61%

ポートはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.6.19】ポート【7047】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。オレンジのラインは10週移動平均線です。

本日は若干下落。引けにかけては戻しています。引き続き急な動きに注意していきたいと思います。

■GA technologies【3491】前日比-0.55%

ピックアップ銘柄で度々とりあげていたGA technologiesです。分析結果については近々でブログにアップしたいと思います。

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。オレンジのラインは10週移動平均線です。

本日は低いところから徐々に値を上げてきました。調整ラインの3,600円を挟んで動いています。今週は3,600円のラインをキープしてくれればと思います。

■ハイアス・アンド・カンパニー【6192】前日比-1.71%

ハイアス・アンド・カンパニーはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.6.23】ハイアス・アンド・カンパニー【6192】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。オレンジのラインは10週移動平均線です。

本日も若干下落しています。調整ライン付近まで落ちてきて引けで戻しています。引き続き調整ライン上で反発すればと思います。

■マネジメントソリューションズ【7033】前日比-0.69%

ピックアップ銘柄でとりあげていたマネジメントソリューションズです。分析結果については近々でブログにアップしたいと思います。

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。オレンジのラインは10週移動平均線です。

本日も続落。10週移動平均で止まっています。昨日書いた通り、今週はこれ以上下がると損切りも止むを得ないと考えています。

ピックアップ銘柄

■北の達人コーポレーション【2930】

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。オレンジのラインは10週移動平均線です。

昨日と同値で引けています。引き続き10週移動平均はなんとかキープしています。

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう