2019年11月投資日記

理由なき上昇が力強いトレンドの証しか? CAN-SLIM投資日記【2019/11/7】

投稿日:2019年11月7日 更新日:

本日の概況

11月2週目の木曜日。昨晩のNY市場は小幅下落。引き続き史上最高値水準をキープしています。連騰していたこともあって小休止ですね。ですが、下がる気配は見えません。

日本市場もNY市場を眺めて調整の動き。ですが、引けにかけて上昇してきました。先物もその後上昇基調です。今晩のNYと先物の様子次第では明日も大幅に上昇する可能性がありますね。理由のない上昇ほど力強いトレンドを表すものはないかもしれません(^-^;

明日の引けがどうなるか、楽しみです。

市場動向【価格推移】

本日は全市場上昇。引けにかけて各市場あげてきました。強いですね。期待感の高い上げ方です。マザーズの復調も著しいです。

市場動向【出来高推移】

本日は東証二部が上昇。それ以外の市場は調整の動きだったことは確かのようです。

11月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

新日本建物【8893】前日比+1.88%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。ブレイク水準をキープです。明日も水準をキープしていくか見ていきます。

ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング【7169】前日比+0.23%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。明日の引けで週足がどうなるかですね。2,200円は戻したいところです。

ラクス【3923】前日比+4.96%

ラクスはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 ラクス【3923】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。決算前に随分上がってしまいました。。。月売上の進捗が好調なので決算期待が入ったんでしょうか。明日の引けに注目です。

日本M&Aセンター【2127】前日比+0.29%

日本M&AセンターはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 日本M&Aセンター【2127】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。先週の暴騰後の調整としてはいい動きです。明日も大きく下がらない範囲で調整できればいいと思います。

ジャパンエレベーターサービスホールディングス【6544】前日比+0.20%

ジャパンエレベーターサービスホールディングスはCAN-SLIM推奨銘柄です。

【推奨銘柄】ジャパンエレベーターサービスホールディングス【6544】のCAN-SLIM分析

直近30週の週足チャートと出来高は以下のとおりです。

本日は上昇。低いところから始まりましたがジリジリ戻してプラス圏へ。動きは悪くないですね。明日が決算です。

プレサンスコーポレーション【3254】前日比-1.21%

プレサンスコーポレーションはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 プレサンスコーポレーション【3254】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。決算結果は非常に良い内容と捉えましたが、前年度内容が良すぎたため数字の伸びが消された格好です。見る人が見ればスゴくいい決算だと思うんですが。

その辺がどう捉えられるか気にしていたのですが、それほど悪くは評価されてないようです。次期決算に向けては良い結果が期待できますので、ジリジリ上げていくようであればキープしていきたいと思います。

ピックアップ銘柄

クリエイト・レストランツ・ホールディングス【3387】

クリエイト・レストランツ・ホールディングスはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 クリエイト・レストランツ・ホールディングス【3387】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。10週移動平均にタッチして調整の雲の最下限を回復。底値は固そうな動きですね。明日の引けもしっかりキープできるか見ていきたいと思います。


 

投資家ブロガーの情報が欲しい方は以下をクリック!

 


 

株式ブログランキングに登録しました。

応援していただける方は是非投票(下記アイコンクリック!)をお願いします!

株式ランキング 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本 -このブログの元となる考え方が書かれた株式投資の必勝法です-
お薦めの本 -初めてオニールと出会ったのがこの本。投資方法に悩んでいる人は必読の書。自分にピッタリの投資家に出会えますよ-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

下記をクリックしてRSSに登録よろしくお願いします!
follow us in feedly

-2019年11月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.