2020年04月投資日記

日本市場は一斉に下落、流れの急変に注意 CAN-SLIM投資日記【2020/4/21】

投稿日:

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNYダウも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

NYダウチャート分析

昨晩のNYダウは下落。朝方から低い位置で始まり、前場は上昇しましたが後半にかけて失速。ほぼ安値で引けています。出来高は下げていますのでディストリビューションではありません。動きの流れとしてはあまり良くない感じですが、このまま次の下落のサインにつながるかどうかですね。

日経平均チャート分析

本日は下落。朝方低く始まりそのままズルズルと下落。後場に入って持ち直しましたがすぐに横這いを続けて引けました。出来高は昨日よりも上昇。ディストリビューションの動きです。先週から2回目のディストリビューションです。出来高は平均以下ではありますが、昨日までの調整継続の方向性から少し注意したほうがいい雰囲気になってきました。

TOPIX平均チャート分析

本日は下落。値動きは小さかったものの、ほぼ日経平均と連動した動きでした。TOPIXもディストリビューションのサインです。こちらはまだ一回目のディストリビューションですが、今後の動きには注意したほうがいいですね。

JASDAQ平均チャート分析

本日は下落。朝方はやや低いところから始まり、上下をしながら落ち着いていましたが、後場に入ってから急速に下げを加速。30分程急落したあとは横這いの展開で引けました。出来高は急増。ディストリビューションの動きです。明日すぐに上昇の流れに戻るようであれば心配ありませんが、ディストリビューションを連発するような流れだとマズい展開ですね。。明日以降注意して見ていったほうがよさそうです。

マザーズ指数チャート分析

本日は下落。展開としてはJASDAQとほぼ同様。かなり大きな出来高を伴っての下落です。ディストリビューションの動きです。急にきましたね。。流れをすぐに取り戻すなら心配ありませんが、グズグズするようだと下落の流れが戻ってくる可能性があるので注意したいところです。

順調な流れできた市場も一気にディストリビューションが発生しました。流れが急速に変わる可能性もあるため、市場の動きには充分注意したほうがよさそうです。


 

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高/日経平均倍率】

全市場下落。マザーズは最近の上昇の反動がスゴイですね。。

新興市場は出来高増で下落の動き。一気に雰囲気が変わりました。

N-〇倍率の推移です。マザーズの倍率は急上昇。また元の木阿弥でしょうか。。

4月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

チエル【3933】売却(+0.64%)

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。朝方の下げっぷりを見て即座に逃げましたが、含み益は吹っ飛びました。(^-^; その後第二段の下げが来たのでよかったですが。。市場にディストリビューションの動きが出ましたから今後の動きには要警戒です。

アンビスホールディングス【7071】売却(+1.89%)

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。新興市場の後場の急落を見て危険な感じがしたため売却しました。大きく値を落としている訳ではありませんが、すぐに上昇する市場環境でもなさそうなので様子を見たいと思います。


 

CAN-SLIM銘柄の買いのタイミング・売りのタイミングをどのように判断しているかについては以下の記事を参考にしてください。

AS Wind流投資手法 株を買うタイミング その1・基本のチャート形状「取っ手付きカップ」

AS Wind流投資手法 売りの戦略と株を売るタイミング

空売りの手法については、「オニールの空売り練習帖」をベースに進めていこうと思いますが、また徐々にブログ記事で紹介していきたいと思います。

ピックアップ銘柄

今後、CAN-SLIM銘柄として投資対象になる可能性のある銘柄のチャートを追っていきます。

オプティム【3694】前日比-5.24%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。朝方から下落の流れ。ほぼ新興市場と連動した動きでした。東証一部銘柄ですが、個人投資家が中心なんでしょうね。前回の新高値ラインまで来ています。ここから市場が下落するようでも横這いの動きが続けば、次の市場の上昇時には大きく上昇しそうです。引き続き様子を見ていきます。

売却後の動き

実際の判断(損切り・利益確定)が的確に実行されたかについてその後の動きを一か月を目途に追いかけて検証したいと思います。

チームスピリット【4397】前日比-0.48%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。市場に比べるとプラス圏に顔を出す時間もあり、後場の急落時にも大きくは崩れませんでした。比較的強い動きでしたね。今後も市場が下落する局面で同様の動きが続くようであれば、その後の上昇相場での伸びも期待できそうです。

Amazia【4424】前日比-2.43%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。前場は上昇したものの、後場の市場の下落に合わせてマイナス圏に落ちてしまいました。引けにかけて下落を加速。ちょっと嫌な流れですね。週足では10週移動平均がサポートになるかどうかがポイントです。今後、市場が下落するようであれば、しっかりと横這いで粘れば次の上昇につながると思います。

引き続き様子を見ていこうと思います。

和弘食品【2813】前日比-0.98%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。出来高は相変わらず低いです。10週移動平均が下がってきましたが、越える動きをみせるかどうか。

明日の一手

昨日の日記の中で「あっさり超える銘柄もあれば、跳ね返されている銘柄もあります。この辺の綱引きがそろそろ市場平均にも見えてくるかもしれません。JASDAQやマザーズにディストリビューションやストーリングの動きが見えてきたら跳ね返されている銘柄のほうが多いということになるため注意したほうがよさそうです。」と書きましたが、悪いほうに転んでしまったかもしれませんね。。

まだディストリビューションも一回目ですから、市場の下落が進むかどうかはわかりません。が、個別銘柄には天井をつけそうな雰囲気の銘柄が数多くあります。一度下落の方向に進むと再び加速する危険性もないとはいえません。

そんな空気を感じたため、今日は再びノーポジ状態にしました。

昨日書いたとおり、いくつか空売りを検討したいと思っているため、一旦はそちらがメインになるかもしれません。

再び上昇の流れに戻るようであれば杞憂で済むのですが。。


 

応援していただける方は是非投票(下記アイコンクリック!)をお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

株式ランキング 


 

投資家ブロガーの情報が欲しい方は以下をクリック!

 

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本 -このブログの元となる考え方が書かれた株式投資の必勝法です-
お薦めの本 -初めてオニールと出会ったのがこの本。投資方法に悩んでいる人は必読の書。自分にピッタリの投資家に出会えますよ-

-2020年04月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.