2020年05月投資日記

出来高が暴落の底の頃に戻ってきた CAN-SLIM投資日記【2020/5/28】

投稿日:2020年5月28日 更新日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

ここにきてグズグズ感のあった市場がグイグイ伸び出して完全に置いてけぼりで唖然としている今日この頃。皆さんはいかがでしょうかね?(^-^;

そんなこんなしているうちに新興市場には天井っぽい雰囲気もでてきてるし、あぁ、下手こいたなぁという脱力感に襲われております。。まぁ、過去には戻れませんから、次に活かしていくしかありませんね。

それでは、本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNYダウも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NYSE総合株価指数チャート分析

昨晩のNYダウは上昇。っていうか爆上げ(^-^;

朝方から高いところでスタートして午前中はやや下げたものの午後から怒涛の上昇。高値圏で引けてます。出来高はやや減少。なんなんですかね、この吹っ切れたような上げは。

完全に天井踏み上げて次のステップに進んでる。。リバウンド当初の勢いが戻ってきたみたい。第二次爆上げ相場の開始ですか?これは。

一方、NYSE総合株価指数はどうだったか。

唯一の懸念材料、天井を突破していない問題をあっさりクリアー。はい、疑ってすいませんでした。。(^-^;

ダウは出来高減少でしたが、こちらはしっかり増加。判断に迷っていた米国投資家も経済の明るい見通しを確信したという感じなんですかね。。早すぎない??

この勢い、当面は続きそうだけどどこまでいくか。

やっぱり市場は停滞するより動きがあるほうが断然楽しいなぁ。

日経平均/TOPIXチャート分析

朝方から高く始まって順調に伸びていたけど後場に入って突然の急落。「うおぉっ!?」っと思いましたが、再びジリジリと上げだして最後は高値圏で引け。出来高は増加。急落時の底の頃の出来高に戻ったなぁ。

今日の引け後に5月3週目の投資家別売買動向でましたが、やはり外国法人が買い越しに転向しています。今週も同じ流れが続いているところを見ると、今日はたっぷり底で仕込んだ国内証券会社が利確に走ったんですかね。そこを外国法人が拾うと。そんな感じだと今日みたいな流れはまだまだ続きそうかな。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

こちらもほぼ同じ動きで続伸。出来高増加。TOPIXの方が戻し弱かったかな。

12時時点の騰落数は、上げ1,387:下げ709:不変69

出来高上位銘柄はいつものメンツですが、株価前日比が見慣れない上昇率ですねぇ。めちゃめちゃ上がってるな。今日はみんなウハウハでしょうね。

上昇銘柄に自動車株が来てますよ。そんなに先行き明るかったっけ??

出来高も倍近いな。めちゃくちゃ買いに来てるんですね。

しかし極端だなぁ。これが外国人の買いなんですかね。明日もこの買いが継続するのかどうか。

JASDAQ平均チャート分析

朝方小高くスタートも後場に一時マイナス圏に急落。その後はジリジリ戻してプラス圏で引けました。出来高は減少。ホント、ヒヤッとする流れでした。

12時時点の騰落数は上げ365:下げ239:不変41

出来高上位はいつものメンツですが出来高が減ってきましたねぇ。一方で上昇銘柄には新たなターゲットが浮上してきている感じ。皆株価が100円台か。。まだ祭りは継続かな。。

マザーズ指数チャート分析

今日は勢いなかったなぁ。朝からほとんどプラス圏にでることはなし。後場に向けてズルズルと下落を加速。後場に入ってからはジリジリと戻したけどマイナス圏で引けてます。ディストリビューションが出てますね。なんか天井感満載の動きだよなぁ。。

12時時点の騰落数は上げ122:下げ187:不変11

出来高上位のいつものメンツは揃って下落。新しくAppBankが参入してきた。そろそろ主役も交代ですかね。上昇銘柄見るとまだまだ次が控えている感じだけど祭りは継続するのか。

マザーズだけはだいぶ早めに外国法人に買われてたから、そろそろ一回調整の流れかな。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高】

遂にマザーズの勢いに翳りが見えだした。他の市場は外国法人の買いが入っている感じかな。

JASDAQとマザーズは個人の買いが減ってきたみたい。皆ポジぱんぱんな感じ?? そろそろ一旦調整に入るかな??

5月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

買いポジション

チエル【3933】株価前日比+4.14%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

昨日の調整から一転、今日は3,800円辺りで底堅い動きが見えたんで買増し。後場の急落も耐えましたしね。出来高は減少。一旦小休止に入ってるけど悪い流れではないと思うんだが。。

もうちょっと明日は伸びて上ヒゲを削ってほしいなぁ。

チエルはこれから外国人に仕込まれてくと思ってるんですけどねぇ。。株主構成見るとまだまだ外国法人の色がついていないんですよね。「Google for Education」のパートナー企業だし、世界展開もしてるから、外国法人もっと買ってくれ~!

久しぶりに銘柄記事にしようかなと思ってるとこです。(^-^;

チームスピリット【4397】株価前日比-2.41%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

く、苦しいな・・・朝方プラス圏だったんだけど、ズルズルと下落してマイナス圏へ。後場はなんとかジリジリ戻してプラス圏まで戻ってきた。。なかなかすっきりブレイクしないのと、マザーズの天井感が悩ましい。明日の動き次第ではいったん手放して様子見に戻ろうかな。。

悩んだ時は撤退したほうがすっきりするんで。

売りポジション

ソニー【6758】株価前日比+1.99%

直近90日の日足チャートと出来高は以下の通りです。

いや~買い戻すかかなり悩んだんですが、そのまま引けてしまった。。さすがにこのイケイケドンドン地合いでグズグズのソニーも上昇。ジリジリと上昇して後場の急落局面では下げたけど最後は高値圏で引けてます。出来高は増加。

なんとか含み損手前で止まったけど、明日の動き次第で撤退だなこりゃ。

CAN-SLIM銘柄の買いのタイミング・売りのタイミングをどのように判断しているかについては以下の記事を参考にしてください。

AS Wind流投資手法 株を買うタイミング その1・基本のチャート形状「取っ手付きカップ」

AS Wind流投資手法 売りの戦略と株を売るタイミング

空売りの手法については、「オニールの空売り練習帖」をベースに進めていこうと思いますが、また徐々にブログ記事で紹介していきたいと思います。

ピックアップ銘柄

今後、CAN-SLIM銘柄として投資対象になる可能性のある銘柄のチャートを追っていきます。

オプティム【3694】株価前日比-3.95%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

おっと。。だいぶ下げてきたな。。朝からズルズルと下げて最後は横這いの動きで引けてます。出来高は減少。明日、ブレイク水準保てるか。

売却後・買戻し後の動き

実際の判断(損切り・利益確定)が的確に実行されたかについてその後の動きを一か月を目途に追いかけて検証したいと思います。

Amazia【4424】株価前日比+0.39%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

今日は前日終値挟んで上下の動き。最後はプラス圏で引けました。出来高は減少。とりあえずここで踏みとどまって次の上昇に向けてパワー貯めてほしいな。引き続き様子見ていきます。

アンビスホールディングス【7071】株価前日比+0.78%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

今日はずっとプラス圏での動き。出来高はほぼ横這い。元々流動性の低い銘柄なんで出来高増えないと動きに見栄えがないな。まだまだ上昇には時間がかかりそうですね。明日の展開次第では検証はいったん終了かな。

ソフトバンクグループ【9984】株価前日比+1.96%

直近90日の日足チャートと出来高は以下の通りです。

今日の地合いじゃ、そりゃ上昇するよね。。プラス圏で上下する動きで引けてます。出来高は上昇。

天井完全に抜けてますね。今はよっぽどでない限りショートポジションはありえないか。。買い戻してやはり正解ですかね。ソフバンGは検証から外します。

明日の一手

NY市場も日本市場もえげつない上げとなってます。一斉に買い向かった感じ?なにをきっかけでこうなるか、ホントわからないな。一瞬一瞬の動きは読めないけど、市場の流れがどっちに向かっているかはしっかりと把握したいところです。

昨日に引き続き、というか加速して出来高を増やして株価は上昇。この勢いはやっぱり外国法人でしょう。今日は昼に市場が急落する局面もありました。底で拾った投資家の利確売りもそろそろ見えてくるところ。

外国法人が買っているうちは急落はないんでしょうけど、次天井付けた時は厳しい売りが待っている感じがするのでタイミング間違えないようにしたいな。

明日はチエルはポジションキープの予定だけど、他2銘柄はちょっと悩みどころかな。よっぽどいい動き見せない限りは一旦ポジション解消かなと思ってますが。

引き続き市場の動きと個別銘柄の動きを見逃さないように観察していきます。

応援していただける方は是非投票(下記アイコンクリック!)をお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

株式ランキング 


 

投資家ブロガーの情報が欲しい方は以下をクリック!

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本 -このブログの元となる考え方が書かれた株式投資の必勝法です-
お薦めの本 -初めてオニールと出会ったのがこの本。投資方法に悩んでいる人は必読の書。自分にピッタリの投資家に出会えますよ-

-2020年05月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.