2019年8月投資日記 投資日記

CAN-SLIM投資日記【2019/8/23】

投稿日:

本日の概況

8月4週目の金曜日。昨日のNY市場は若干の下落。FRB議長の発言待ちで様子見という感じでした。

日本市場も相変わらず盛り上がらない状況が続いています。今年の夏枯れ相場も健在です。このアノマリーだけは毎年対策を打つ必要がありますね。

保有銘柄は下げてます。いずれも下落していく動きではなく調整の動きとみていますが、市況の流れに逆らって上昇していくか。注視していきたいと思います。

最近の市場の雰囲気的には上に向かいそうな気配もありますが、米国、中国、韓国の動きによって暴落するのでは?という話もあります。

ですが、米中の貿易摩擦はいいシナリオも悪いシナリオもある程度想定済みのはずです。また韓国については世界的な影響を与えるというとDRAMなどの半導体になると思いますが、台湾や中国などのサプライヤーも台頭してきており、サプライズがあったとしても世界中に経済的なインパクトを与えるほどの材料はでてこないような気もします。従って、短期的な下落はあっても暴落につながるようなものにはならないと思います。

むしろこういった懸念が後退して楽観論が広がったときが危ないような気がします。

暴落が起きる状況として、国家的な財政が綱渡り状態で安定しているところに、ちょっとした綻びが発生することで綱がプツンと切れてしまった。。という感覚を持っています。この「綱渡り状態」と「ちょっとした綻び」がなんなのか?を過去の事例も含めて研究しておくことが重要だと思っています。それはやはり完璧なシステムだと豪語している金融サービスだったり正しいと思われて実行される金融政策だったりするのでしょう。仮想通貨もしかりです。

そういった話題が見えてきたときには基本的には疑ってかかる。という姿勢はもったようがよさそうです。自分として正しい方向性と判断ができる力を身に着けていくことが大事なんだなと思います。

市場動向【価格推移】

本日はJASDAQ以外上昇。指数や平均株価を見ていると本当に動きの少ない状況ですね。ですが、個別銘柄は動いているようです。個人投資家の値幅取りが中心の相場になっているようです。

市場動向【出来高推移】

出来高ですが、マザーズが極端に下げてますね。反発が弱いところを見るとまた下げてしまう流れでしょうか。

JASDAQは昨日トレンド転換の可能性があると書きましたが、まだまだ流れが変わった雰囲気は見えていません。来週以降の動きに注目していきたいと思います。

8月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

医学生物学研究所【4557】前日比-1.25%

医学生物学研究所の選定理由はこちらです。

【2019.4.22】医学生物学研究所【4557】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。出来高が低い中での小幅な下落でしたので、買い増ししています。2,900円を底にして反発することが条件だと思います。2,900円を切って引けるようだと買い増し分は損切りする予定です。

今日は週一のレラティブストレングス分析です。

市場の下落に引きずられて下落してます。市場の動きが反転することが重要ですね。全体的な上昇の流れはまだ崩れてないと思います。

GA technologies【3491】前日比-1.96%

GA technologiesはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.7.4】GA technologies【3491】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。昨日買い増してますが、よくよく見れば短期的な調整に入ってもおかしくない動きだったと思います。風邪で頭がボーッとしており判断を見誤ったようです。投資に風邪は厳禁ですね。。

4,000円を若干割って終了しています。来週も調整が続くのか、上昇が継続するのか注目しています。

市場は全体的に横這いですが、まだ上昇の流れは崩れていないようです。若干の調整を経て上昇の流れが継続すればと思います。

ピックアップ銘柄

ハイアス・アンド・カンパニー【6192】

ハイアス・アンド・カンパニーはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.6.23】ハイアス・アンド・カンパニー【6192】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。週足でかろうじてブレイクラインを超えましたが、週末にかけては値を下げる展開。月曜日のインにはやや躊躇してしまいますね。。来週中の動きをみてインを検討したいと思います。

市場の動きに対して上昇の流れは継続しています。最近は上昇の流れを加速する動き。再投資するのに充分な状況ですね。

北の達人コーポレーション【2930】

北の達人コーポレーションはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.6.8】北の達人コーポレーション【2930】の選定理由・その2

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。今週は大きな調整となりました。来週以降もズルズル下がるか、短期的な調整に入るかをじっくり観察していきたいと思います。

下落しているとはいえ、まだ全体の流れが変わったとまではいえません。これ以上、下げずに反発するようならばまだまだ流れは継続です。

マネジメントソリューションズ【7033】

マネジメントソリューションズはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.7.1】マネジメントソリューションズ【7033】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。週足で2,100円を戻して終了。出来高は相変わらず低いですね。

来週以降の動きがどちらに向かうのかの瀬戸際のようです。

市場にシンクロする動きとなっています。これでまた上にいくようであれば新たな上昇の流れと考えてもいいんですが。来週以降が大事ですね。

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

下記をクリックしてRSSに登録よろしくお願いします!
follow us in feedly

-2019年8月投資日記, 投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.