2020年03月投資日記

再び市場は下落の流れ CAN-SLIM投資日記【2020/3/6】

投稿日:

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資でも「M」の要素として取り上げられている非常に重要な市場の流れについて分析します。

NYダウチャート分析

昨晩のNYダウは下落。ホントにすごいアップダウンですね。毎日1,000ドル近い上下の応酬。買いと売りの激しいバトルが繰り広げられています。その中でどれだけの阿鼻叫喚が演じられているか。。

昨日は出来高を下げたので少し落ち着いたかと思ったんですが、本日はやや出来高を上げての下落。ディストリビューションと判断しています。非常に怪しい展開になってきました。今晩をどのような形で終了するか。続落すると来週厳しい展開が待っていそうですね。。

日経平均チャート分析

本日は下落。久々にNYと連動。悪い方向で。。出来高も大きく上げての下落。ディストリビューションの動きです。最近収まっていたので下落もストップかなと思ったのですが、ここにきてディストリビューション。。投資家の淡い期待を打ち砕くかのような展開です。日銀さん、もうちょっとしっかりサポートしてよという感じですね。。結局3日連続で買い入れせずでした。本日仮に買い入れに入っていたとしても、市場は非常に弱い動きでした。来週の展開が怪しくなってきました。。

JASDAQ平均チャート分析

本日は下落。こちらも平均を越える出来高でディストリビューションの動きです。昨日は落ち着いたかなと思ったんですが。。来週続落する可能性が高まってきてます。いまはロング持ちの状況ではないですね。。

マザーズ指数チャート分析

本日は下落。相変わらず激しく下落していますが、マザーズだけは出来高を下げての下落。唯一ディストリビューションが発生していません。やや今までとは展開が異なってきています。来週以降にこの辺の違いがなにか結果として見えてくるのか。じっくり観察したいと思います。

結果としてN-〇倍率は以下のようになりました。N-T倍率が上がってきてますね。中小型株は苦しい展開です。

 


 

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格推移】

再び激しい下落の動きです。投資家の息の根を止めに来てるのか。。

市場動向【出来高推移】

マザーズ以外は昨日より出来高上昇して下落です。

3月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

チームスピリット【4397】前日比-1.97%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。市場が激しく下落する中でしたが、比較的安定的な動きを見せていました。出来高も落ち着いており下落はしたものの安心して見ていられる展開でした。株価もしっかり調整の雲をキープしました。

来週も厳しい地合いが想定される中ではありますが、しっかりと調整の動きで乗り切ってほしいですね。市場が上昇するときは流れに乗って上昇していく形になればと思います。引き続きキープしていきます。


 

CAN-SLIM銘柄の買いのタイミング・売りのタイミングをどのように判断しているかについては以下の記事を参考にしてください。

AS Wind流投資手法 株を買うタイミング その1・基本のチャート形状「取っ手付きカップ」

AS Wind流投資手法 売りの戦略と株を売るタイミング

ピックアップ銘柄

今後、CAN-SLIM銘柄として投資対象になる可能性のある銘柄のチャートを追っていきます。

ラクス【3923】前日比-0.62%

ラクスはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 ラクス【3923】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。市場が下落する中で粘り強い動きでした。来週以降も同様の動きが続いていくといいですね。もうちょっと出来高が落ち着いてもいいと思います。引き続き様子を見ていきます。

売却後の動き

実際の判断(損切り・利益確定)が的確に実行されたかについてその後の動きを一か月を目途に追いかけて検証したいと思います。

イントラスト【7191】前日比-3.97%

イントラストはCAN-SLIM推奨銘柄です。

【推奨銘柄】イントラスト【7191】のCAN-SLIM分析

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。厳しい値動きです。来週も地合いが良くない中では続落する可能性が高くなっています。引き続き様子を見ていきます。

日本M&Aセンター【2127】前日比-0.58%

日本M&AセンターはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 日本M&Aセンター【2127】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。市場に対して粘り強い動きでした。来週も粘り強い動きをみせてくれるか。引き続き様子を見ていきます。

クリエイト・レストランツ・ホールディングス【3387】前日比-5.73%

クリエイト・レストランツ・ホールディングスはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 クリエイト・レストランツ・ホールディングス【3387】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。やはりコロナウイルスで影響を受ける外食産業ですから、厳しい状況ですよね。1月の頃の勢いからすっかり様子が変わってしまいました。こうなってしまっては事態が落ち着いて業績が再び急拡大する局面までは投資対象にはなりません。撤退は正解だったと思います。

反省すべき点は、コロナの騒動が大きくなってきた時点で業績への影響を考えれば直ぐに撤退すべきだったことです。株式分割に淡い期待を抱いた結果、判断が鈍りました。本当はもう一週早く撤退できたはずです。自分が投資した前提を忘れてはいけませんね。前提が崩れたら即撤退すべきです。

クリエイト・レストランツ・ホールディングスの検証はここまでにしておきます。

明日の一手

各市場とも出来高を上げて下落するディストリビューションの動きが入っています。マザーズは一応出てませんが。(^-^;

今晩の米市場がどう展開するかにもよりますが、来週は厳しい地合いで始まりそうな気配ではあります。フォロースルーの動きが入ることを期待していたのですが難しそうな雰囲気ですね。。

保有するチームスピリットについては底堅い動きを継続しています。引き続きプットオプションでヘッジをかけつつ、キープを続けていく方針です。出来高を上げて調整の雲を割るような状況になればポジションは下げざるをえないとは思ってます。

早く市場が上向いてほしいところですね。


 

応援していただける方は是非投票(下記アイコンクリック!)をお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

株式ランキング 


 

投資家ブロガーの情報が欲しい方は以下をクリック!

 

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本 -このブログの元となる考え方が書かれた株式投資の必勝法です-
お薦めの本 -初めてオニールと出会ったのがこの本。投資方法に悩んでいる人は必読の書。自分にピッタリの投資家に出会えますよ-

-2020年03月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.