2020年03月投資日記

市場は意外と落ち着いてきている? CAN-SLIM投資日記【2020/3/30】

投稿日:

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNYダウも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

NYダウチャート分析

先週末のNYダウは下落。相変わらず下落幅は大きいですが最近見慣れましたね。(^-^; 最近の値動きから相対的に見ると落ち着いてきたように思います。出来高も下がってきていますね。ここから下落を加速するという流れでは今のところないようです。

一旦は調整の動きを見せてきていますが、ここから出来高を上げてどちらに動くかによって今後の流れが占えそうです。

日経平均チャート分析

本日は下落。このところ週末にはかなりマイナスの情報が出てきますが、その割に月曜日は比較的強い動きになっていますね。今日はフォロースルーの次の日でもあったので注目していましたが、大きな売りの流れにはなっていません。

このままディストリビューションやストーリングの動きが見えなければ底入りの可能性もでてきます。引き続き細心の注意を払って市場の動きを見ていきます。

TOPIX平均チャート分析

本日は下落。ですが、ディストリビューションやストーリングの動きではありません。出来高も下げています。流れとしては上昇の可能性が高くなってきています。次に出来高上げた時の動きがどうなるかですね。

JASDAQ平均チャート分析

本日は下落。出来高は下げています。一旦は調整の動きと取れます。ここから出来高上げてどちらに動くか。引き続きディストリビューションやストーリングの動きが見えないか気を付けて見ていきます。

マザーズ指数チャート分析

本日は下落。各市場とも出来高を下げて様子見の展開でしたね。大きく売り込まれる流れではありませんでした。一旦は上昇の流れに入りそうな気配となっていますが、下落の兆候がみえないか引き続き注意して見ていきます。

結果としてN-〇倍率は以下のようになりました。東証一部銘柄が強かったようですね。

 


 

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高推移】

全市場下落。下落幅も少し落ち着いてきたようです。

出来高も下落基調。調整の動きに入ってきています。

3月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

チームスピリット【4397】前日比-2.26%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。再びインしました。CAN-SLIMのインタイミングではないんですが、市場の動きが上向きになってきたということで打診買いです。出来高を下げてカップの底を形成する動きになれば、今後市場の流れに乗って上昇基調になってくる可能性もでてきます。

底を割ってしまうようであればさっさと撤退ですね。(^-^;


 

空売りの手法については、「オニールの空売り練習帖」をベースに進めていこうと思いますが、また徐々にブログ記事で紹介していきたいと思います。


 

CAN-SLIM銘柄の買いのタイミング・売りのタイミングをどのように判断しているかについては以下の記事を参考にしてください。

AS Wind流投資手法 株を買うタイミング その1・基本のチャート形状「取っ手付きカップ」

AS Wind流投資手法 売りの戦略と株を売るタイミング

ピックアップ銘柄

今後、CAN-SLIM銘柄として投資対象になる可能性のある銘柄のチャートを追っていきます。

グレイステクノロジー【6541】-1.15%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。今週は少し動きが落ち着いてくるといいですね。今後の上昇に望みがもてます。引き続き様子を見ていきます。

売却後の動き

実際の判断(損切り・利益確定)が的確に実行されたかについてその後の動きを一か月を目途に追いかけて検証したいと思います。

今週は対象銘柄がないため、お休みします。あしからず。。。

明日の一手

先週末は市場にフォロースルーの動きが見えたため、今日の動きに注目していました。

結果は上昇中の調整と取ってもいいような動きでした。まだ本格的に上昇とは言えませんが底入りの可能性は高まっています。ディストリビューションやストーリングの動きが見えない限りは少しリスクをとってもいいのかなと思います。

そのため、今日は一銘柄打診買いを行いました。

現在の市況ではCAN-SLIMとして判断できるチャート形状は全くと言っていいほどありません。まだまだ本格的にリスクを取るほどではありませんが、市場の動きを見ながら徐々にロングポジションを検討したいと思います。

市場は上向きのようですが、コロナウイルスの状況は日増しに悪くなっています。

昨晩、志村けんさんが亡くなるという大変ショッキングなニュースが飛び込んできました。先日まで元気にテレビに出ていたのに。。コロナウイルスの恐ろしさを垣間見る出来事でした。

自分の中で笑いの中心といえば、志村けんさんでした。心にぽっかりと穴が開いた気持ちです。。

故人のご冥福をお祈りいたします。


 

応援していただける方は是非投票(下記アイコンクリック!)をお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

株式ランキング 


 

投資家ブロガーの情報が欲しい方は以下をクリック!

 

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本 -このブログの元となる考え方が書かれた株式投資の必勝法です-
お薦めの本 -初めてオニールと出会ったのがこの本。投資方法に悩んでいる人は必読の書。自分にピッタリの投資家に出会えますよ-

-2020年03月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.