2021年09月投資日記

市場の上昇は継続だが政局による材料でどこまで息が続くか CAN-SLIM投資日記【2021/09/06】

投稿日:

CAN-SLIM投資実績

買い銘柄一覧

本日はポジションありません。

売り銘柄一覧

本日はポジションありません。

50万円投資チャレンジ実績

2021年初めに50万円現物で取引をスタートして、CAN-SLIMをベースに投資をしながらどこまで資産を増やせるか検証していきます。

保有銘柄一覧

TOWA【6315】NEW

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

以前ピックアップに載せてましたが再掲しました。上方修正と好調な決算からブレイクしましたが地合いの悪化に伴い下落。しかし10週移動平均線がサポートして再度ブレイクしてきました。とりあえずは東証一部にフォロースルーがでているタイミングなので乗ってみます。

ポートフォリオ構成

本日はTOWAにイン。市場の方向性を確かめながらポジ調整します。

CAN-SLIM銘柄の買いのタイミング・売りのタイミングをどのように判断しているかについては以下の記事を参考にしてください。

AS Wind流投資手法 株を買うタイミング その1・基本のチャート形状「取っ手付きカップ」

AS Wind流投資手法 売りの戦略と株を売るタイミング

空売りの手法については、「オニールの空売り練習帖」をベースに進めていこうと思いますが、また徐々にブログ記事で紹介していきたいと思います。

ピックアップ銘柄

今後、CAN-SLIM銘柄として投資対象になる可能性のある銘柄のチャートを追っていきます。

買い銘柄候補

Link-U【4446】株価前日比-0.82%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。ブレイクには向かっていきませんでした。ここから振い落しで取っ手形成かもしれません。この後ブレイクの動きが見えるかどうか。

SEMITEC【6626】株価前日比+2.13%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は続伸。上昇継続しています。上昇のスピードにも陰りがみえませんね。どこまで上昇するのか。

ロジザード【4391】株価前日比+0.32%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。なかなか出来高増加の兆しがみえてきません。ブレイクの勢い継続のためには出来高が増えてほしいところです。

ティーライフ【3172】株価前日比+12.99%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。決算を受けてジリジリと上昇しました。高値引けになってますね。出来高も増加。このままブレイクしていくようなら仕込んでもよさそうです。

ベクトル【6058】NEW

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

以前ピックアップしていましたが再掲。失速したかに見えましたが復活してきました。決算数値だけみるとCAN-SLIM的にはこれが本命かなと思っているんですが。ブレイクに向かうようであれば仕込みたいですね。

売り銘柄候補

IRJapan HD【6035】株価前日比-0.91%

直近60日の日足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は続落。市場が勢いよく上昇しているとやはり反動が気になってきますよね。。その中で市場が勢いを失うと共に急落しそうなのがこの銘柄です。ここのところの市場の勢いでも50日移動平均線に抑え込まれています。最近の上昇もSMBCとの業務提携というポジティブな材料によるものでしたが勢いは続かず。明日以降の市場の展開次第では検討してもいいかもしれません。

明日の一手

政局サプライズからの上昇が継続していますが金融政策のような息の長い上昇になるのかは今のところまだ疑問です。市場の動きに注意しながら個別株のブレイクの様子をみてインを検討していきます。

応援していただける方は是非投票(下記アイコンクリック!)をお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

株式ランキング 


 

投資家ブロガーの情報が欲しい方は以下をクリック!

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本 -このブログの元となる考え方が書かれた株式投資の必勝法です-
お薦めの本 -初めてオニールと出会ったのがこの本。投資方法に悩んでいる人は必読の書。自分にピッタリの投資家に出会えますよ-

PAGE 1 PAGE 2

-2021年09月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.