2020年06月投資日記

局面の転換点が最も苦しい時期 CAN-SLIM投資日記【2020/6/17】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

東証一部は昨日の大幅なリバウンドから今日は様子見の展開でした。個人は相変わらず活発な感じかな。

最近は値幅もスゴイですが出来高の振れ方もなかなか激しいよなぁ。

お陰で少し出来高に関する考察ができました。

まだまだ市場分析はオニールの境地には至ってませんが、日本市場独自の視点もうまく組み合わせて市場の方向性を掴めるようになりたいですね。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NYSE総合株価指数/NASDAQチャート分析

昨晩は高いところから始まったが寄り天で下落。午前中は急落した局面もあったけど午後までに戻してあとはやや下落の流れで引けてます。出来高は増加。増加とは言ってもほぼ横這いですね。それほど勢いのある上昇ではなかった。

一方、NYSE総合株価指数はどうだったか。

こちらも展開はほぼ同じ。伸び率はやや低かったようですね。出来高はほぼ横這い。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

ほぼ同じ流れ。今日はダウやNYSEよりも返しが弱かった模様。出来高は増加。米国市場の指標はどれも天井から下落したあとのリバウンド局面ですが、NASDAQが最も天井に近い感じですね。

下落目線を改めるにはやはりこの天井を更新する動き。というのが重要な要素だと思います。さらには天井更新後の出来高の推移ですよね。

出来高が低い。ということは投資家が次を見据えて市場を睨みながら手を控えている状況。ということは、次の局面では必ずどちらかに大きく舵を切ると考えられます。極端に出来高を下げたあとの最初の出来高増の動き。これがトレンドには大事なんでしょうね。

過去、出来高が下がった局面を見ると、その後のトレンドの基点になったパターンが多いようです。またしっかりチャート分析しよ。。

今晩のNY市場にも注目です。

日経平均/TOPIXチャート分析

朝低く始まり上下しながらジリジリと戻して引けてます。出来高は減少。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

日経平均とほぼ同様の展開。出来高も同じく減少。エラい出来高少なかったんですね。。先程のNY市場の話と一緒だな。投資家は何かを警戒して手を控えた訳です。最近、出来高の減少と増加が極端ですね。

前々回出来高を下げた時は次の日にディストリビューションの動きが二日続いた。そして次に出来高を下げた翌日は1,000円のリバウンドです。そして今日は再び出来高を下げた。。。明日出来高を上昇した時の動き。大事だな。。

仮に天井を越えるような上昇になったら、今の下目線は改めないと痛い目にあいそうですね。

12時時点の騰落数は、上げ803:下げ1,269:不変92

ソフトバンクGがだいぶ引っ張ってたんですねぇ。最近よく目にするZホールディングスもアフターコロナ銘柄なんですね。今は医薬系とアフターコロナかなテーマは。やはり出来高は全体に小粒で上昇上位銘柄に良品計画なんかが入ってきてますね。

さぁ、出来高増の局面でどう動くかみていこう。

JASDAQ平均チャート分析

今日は高いところから始まり一直線の上昇。上昇幅は小さいが昨日と似たような展開でした。出来高は減少。寄り底→寄り天→寄り底→寄り底の流れか。。

12時時点の騰落数は上げ334:下げ211:不変48

低位株祭り続行。しかし、下落銘柄も目立ってきたな。。オンキョーも上昇率上位といっても1円上がれば10%上昇だからなぁ(^-^; だいぶ出来高下がったみたいだけど。

JASDAQの出来高は低位株祭りで実体を表しているとは言い難いところなのであまり参考にならないけど、天井を更新しそうな勢いなのでその辺が下目線の継続をどうするかの分岐点になるかな。

マザーズ指数チャート分析

朝高く始まり上昇してすぐに下落。その後は横這いの動き。出来高は増加。今日の増加はなんだこりゃ。。

12時時点の騰落数は上げ184:下げ118:不変17

なんか全体的に出来高が増加してるな。。指数の上昇は特にミクシィの一部昇格に伴う影響が大きかったかな。時価総額が大きいですからね。

今日の上昇は流れ継続になるのかな。。マザーズも天井を更新しそうな勢いなのでその辺が下目線の継続をどうするかの分岐点になってきますね。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高】

東証一部は下落。新興市場は上昇。個人の買いが続くなかで大口は控えた感じですかね。

マザーズが集中的に出来高増加。個人と海外法人の買いが入ったかな。。あとは様子見だったようです。

6月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

買いポジション

Fringe81【6550】株価前日比-9.01%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

市場の流れに逆行してる。。本日引け後決算発表だったこともあり、元々悪決算は見えていた中での下落だったのか。。決算内容は特別損失を計上していることもありEPSは赤字。決算資料は見ましたが、ある意味膿を出し切ったともいえるし、今後の成長が見込めるような不透明なような。。この辺を市場がどう判断するかですね。

EPSがこういう状況の銘柄を仕込むことはほとんどというか、CAN-SLIMを初めてからはなかったんですが、チャートの妙味と未来の決算をどのように織り込むのかを見る上でも実験的にインしたところもあるので、悪かったらあまり引っ張らないつもりです。

売りポジション

マザーズ・コア上場投資信託【1563】株価前日比+2.99%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

マザーズ・コアはミクシィ効果ですね。これは。思いっきり上がりました。6/23に東証一部に昇格するんですが、マザーズ・コアのリバランスはどうなんだ??

ちょっと調べなきゃ。。

引き続き様子見ていきます。

ソニー【6758】株価前日比+2.53%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

ソニー見立てと全く逆だな。。上場来高値水準は8,000円です。そこまで伸びるまでは様子みれないな。。エントリーポイントが相変わらず下手なんだよなぁ。。また上がるようならシナリオ外なので潔く切るか。。

引き続き様子見ていきます。

CAN-SLIM銘柄の買いのタイミング・売りのタイミングをどのように判断しているかについては以下の記事を参考にしてください。

AS Wind流投資手法 株を買うタイミング その1・基本のチャート形状「取っ手付きカップ」

AS Wind流投資手法 売りの戦略と株を売るタイミング

空売りの手法については、「オニールの空売り練習帖」をベースに進めていこうと思いますが、また徐々にブログ記事で紹介していきたいと思います。

ピックアップ銘柄

今後、CAN-SLIM銘柄として投資対象になる可能性のある銘柄のチャートを追っていきます。

オプティム【3694】株価前日比+2.09%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

今日はプラス圏で上下の動き。後場は上昇の流れで引けてますね。出来高は減少。日足では天井圏での調整になってますね。ここから展開変わるのか。

引き続き様子を見ていきます。

ALiNKインターネット【7077】株価前日比+0.48%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

相変わらずの薄商いですが上昇の流れで引けています。いい調整が続いてますね。出来高は横這い。

引き続き様子を見ていきます。

売却後・買戻し後の動き

実際の判断(損切り・利益確定)が的確に実行されたかについてその後の動きを一か月を目途に追いかけて検証したいと思います。

チームスピリット【4397】株価前日比+0.93%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

朝方から急上昇しましたがその後はズルズルと下落して引けてます。上ヒゲの長い展開。出来高は増加。こちらもピボットラインを挟んで調整の動き。10週移動平均はサポートしているようだな。

マザーズが天井更新するようだと面白くなるんですけどね。

引き続き様子見ていきます。

チエル【3933】株価前日比+2.84%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

朝方急上昇してそこからズルズルと下落しましたがプラス圏で引けてます。新興銘柄はこの動きだったのかな今日は。出来高は減少。十字線になってますね。一旦調整してくれると再インも検討できるんだけど。。

引き続き様子を見ていきます。

明日の一手

天井圏もそうだし、底値圏もそうですが、少し仕込みが早いと含み損状態になるので苦しくなりますよね。。トレンドの頂点は恐らくそういう状況になるんだろうなぁとふと思いました。そこで手放すと直後に上がったり下がったりするのはピークが最も苦しいからなのかもしれないなぁ。

私は今トレンドの転換点という見方をしていて、まさに仕込みが早かった状態。かなり苦しいポジションになってます。(^-^;

明確にトレンドの転換を確認してから仕込むこと。利確すること。これが大事なんだなぁ。。今まさに痛感している次第です。

各市場ともディストリビューションからのリバウンド状況に変わりはありません。まだ下目線ですが、直近の天井を越える動きが出るか。それから出来高減で引けた日のあとの出来高増加した日の株価の動き。これを見ながら、オニールの手法を織り交ぜて局面がどちらに転換したかを判断してポジション調整していこうと思います。

引き続き市場の動きと個別銘柄の動きを見逃さないように観察していきます。

応援していただける方は是非投票(下記アイコンクリック!)をお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

株式ランキング 


 

投資家ブロガーの情報が欲しい方は以下をクリック!

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本 -このブログの元となる考え方が書かれた株式投資の必勝法です-
お薦めの本 -初めてオニールと出会ったのがこの本。投資方法に悩んでいる人は必読の書。自分にピッタリの投資家に出会えますよ-

-2020年06月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.