2019年11月投資日記

NYダウがこのままの水準だと日経平均は27,000円!? CAN-SLIM投資日記【2019/11/12】

投稿日:

本日の概況

11月3週目の火曜日。昨日のNY市場は上昇。微増ですが史上最高値を更新しました。もみ合いの動きになっていますね。米中の貿易交渉の結果如何なのかもしれませんが、仮に決着がついたとなると今までの上昇が実はそれを織り込んでいたからで、そこから一気に下落という流れも天邪鬼市場だけにあり得る展開かなという気もします。こうなるとずっと交渉してもらっていたほうがいいような気もしてきます。(^-^;

日本市場ももみ合いの展開が予想されていましたが、日経平均は引けにかけて尻上がりに上昇。特に材料はない中で地合いの良さが伺いしれます。まだまだ大型株の需要に陰りはないようです。

結果的にN-〇倍率は再び上昇傾向です。

以前ブログ記事で書いた独自のアノマリーとして、日経平均株価の騰落率がNYダウから乖離した場合、日経平均がNYダウの騰落率に寄せていく。というものがあります。(以下記事を参照ください。)

アノマリーから見える2019年10月以降も相場が上昇するという明快な理由

以前は寄せていった時の日経平均株価は25,000円水準だったのですが、NYダウがそれから上昇しています。現在の水準をキープすると日経平均の騰落率の寄せ位置がだいぶ上昇した位置になってきます。過去の日経平均の水準からみていくと27,000円というラインになったのですが、自分自身がかなり半信半疑な状況です。(^-^; 実現すれば大変喜ばしいことではありますが。。

まずは年末に向けて日経平均株価が順調に上昇することが望ましいですね。

市場動向【価格推移】

本日は日経平均が引けにかけて急上昇。まだまだ強いですね。東証二部の伸び方も目を見張るものがあります。一方で、マザーズがなかなか乗ってきません。。

市場動向【出来高推移】

東証二部はなんか凄いですね。JASDAQはボラティリティの大きい動きを見せています。日によってこのような動きをするのはどういう現象なんでしょうか??

出来高の動きというのは非常に重要だと思っていますが、まだまだわからないことだらけです。。

11月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

新日本建物【8893】売却(+19.66%)

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。含み益が20%越えたこともあり、今週は調整に入りそうな気配だったことから利益確定しました。引き続き赤点線のピボットラインから下がらずに2週間の調整期間で「調整の雲」が形成されるか見ていこうと思います。

ニュートン・フィナンシャル・コンサルティング【7169】売却(-0.23%)

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。結局、決算の内容が期待できないこともあって後場に2,180円で売却しました。引け後の決算はやはり期待薄な内容でした。チャート形状の検証のために購入していましたが、やはり出来高が薄すぎる銘柄は読みづらかったです。。今後は避けていきたいと思います。

ラクス【3923】前日比+0.06%

ラクスはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 ラクス【3923】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。日中は上昇しましたが引けにかけて上げ幅を縮小。小幅なプラスとなりました。マザーズは下落してましたので致し方ないと思います。引き続き決算に向けてどのような動きになっていくのか。注視していきたいと思います。

日本M&Aセンター【2127】前日比+0.45%

日本M&AセンターはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 日本M&Aセンター【2127】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。十字線を形成。このまま水準をキープしてほしいところですね。ここでピボットラインを切ってしまうと調整に入る可能性が高いと思います。今週の粘りは今後に向けて大事ですね。

ジャパンエレベーターサービスホールディングス【6544】前日比-2.07%

ジャパンエレベーターサービスホールディングスはCAN-SLIM推奨銘柄です。

【推奨銘柄】ジャパンエレベーターサービスホールディングス【6544】のCAN-SLIM分析

直近30週の週足チャートと出来高は以下のとおりです。

本日は下落。ピボットラインを割ってしまいました。10週移動平均にタッチして戻しています。ブレイク後の押し目として意識する動きならばいいのですが。このままあっさりと10週移動平均を割るようであれば一時撤退も考えなくてはいけません。今週の今後の動きが重要になってきました。

プレサンスコーポレーション【3254】前日比+0.06%

プレサンスコーポレーションはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 プレサンスコーポレーション【3254】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。ピボットラインの上でポジションキープ。ジリジリと上げてくる動きが続いていくのが理想です。

ピックアップ銘柄

クリエイト・レストランツ・ホールディングス【3387】

クリエイト・レストランツ・ホールディングスはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 クリエイト・レストランツ・ホールディングス【3387】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。動きとしては悪くないですね。様子をみてインを検討していきたいと思います。


 

投資家ブロガーの情報が欲しい方は以下をクリック!

 


 

株式ブログランキングに登録しました。

応援していただける方は是非投票(下記アイコンクリック!)をお願いします!

株式ランキング 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本 -このブログの元となる考え方が書かれた株式投資の必勝法です-
お薦めの本 -初めてオニールと出会ったのがこの本。投資方法に悩んでいる人は必読の書。自分にピッタリの投資家に出会えますよ-

-2019年11月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.