2020年01月投資日記

日本市場の上昇は外国人頼みなお寒い状況 CAN-SLIM投資日記【2020/1/20】

投稿日:

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資でも「M」の要素として取り上げられている非常に重要な市場の流れについて分析します。

NYダウチャート分析

先週末は上昇。再び史上最高値を更新。出来高も伸ばしましたね。今晩は市場が休みなのでどうなるかと思いましたが、力強い動きを見せました。どこまで強気の状況が続くんでしょう。いまのところ勢いに陰りを感じることはありません。

日経平均チャート分析

本日は上昇。24,000円をキープしました。一時24,100円を越えていましたが引けにかけて下落。出来高はガクンと落ちました。年末のクリスマス休暇と同じ状況。米市場休場の影響でしょうか。図らずも日本市場のお寒い状況が露呈しますね。国内のプレイヤーはどこいったんでしょう??

国内投資家は比較的弱い景気指数に対する悲観論が大勢を占める中で慎重になっているのかもしれませんが、海外投資家はお構いなしに買っている状況でしょうか?

いずれNYが上げている状況では日経平均もジリジリと上昇を続けるのかもしれません。ただし、NYが下げた時には下落のスピードはこちらのほうが遥かに速そうですね。。

JASDAQ平均チャート分析

本日は上昇。横這いが続きましたが再び上昇です。最近のJASDAQを見る限り国内投資家は比較的時価総額の大きい新興銘柄に偏っているんでしょうか。出来高は下落傾向ですね。様子見ムードが漂ってます。

マザーズ指数チャート分析

本日は上昇。先日の日記でオンコリスで出来高が上がっていると書きましたが、思いっきり間違えてましたね。。「オンコセラピー・サイエンス」でした(^-^; 紛らわしいな。。。先週末は+28.2%。今日は-0.9%でした。完全にマネーゲームと化してますね。

市場に占める時価総額は1.8%程度なのでそれほど大きな影響はないようです。金曜日はなんかトンチンカンな分析となっていました。。言い訳ですが、時間がなくて電車の中でブログ書いていたのが良くなかったですね。。

マザーズ全体としては横這い傾向が続いています。新興成長株には厳しい環境ですね。

結果としてN-〇倍率は以下のようになりました。マザーズは停滞傾向です。

 


 

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格推移】

市場には活気がない状況。外国人頼みですね。。

市場動向【出来高推移】

オンコセラピー・サイエンスに需要が集まる状況。寂しい市場です。

1月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

ラクス【3923】前日比+0.31%

ラクスはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 ラクス【3923】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。10週移動平均辺りで停滞ですね。引き続き様子をみていきます。

日本M&Aセンター【2127】前日比+0.37%

日本M&AセンターはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 日本M&Aセンター【2127】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。先週終値から上でスタート。動きは悪くないですね。先々週に下ヒゲ伸ばして10週移動平均にタッチしてから上昇を続けています。4,000円をしっかりキープしてほしいところです。どこまで勢いが続いていくか。引き続き様子を見ます。

イントラスト【7191】前日比+7.58%

イントラストはCAN-SLIM推奨銘柄です。

【推奨銘柄】イントラスト【7191】のCAN-SLIM分析

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。先週のブレイクの流れが続いています。今日は出来高も集まりましたね。この銘柄は上ヒゲ伸ばすパターンが多いので油断はできません。引き続き見ていきます。

チームスピリット【4397】前日比-4.77%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。先週の下落の流れが続いています。前回のピボットポイントを割るか割らないか瀬戸際です。引けにかけては戻していましたが、明日につながるか。

クリエイト・レストランツ・ホールディングス【3387】前日比-1.70%

クリエイト・レストランツ・ホールディングスはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 クリエイト・レストランツ・ホールディングス【3387】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。スタートの位置は悪くなかったと思います。明日以降上昇に転じるか、「上昇中の調整の雲」を形成するか。場合によっては一部利確も検討しています。明日以降、じっくり見たいと思います。

ピックアップ銘柄

ビジョン【9416】

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。おやっ?という感じですね。今まで順調に10週移動平均をサポートにしてきましたが、あっさり割り込みました。調整の雲の下限にいます。

やや厳しい状況になったか。引き続き様子を見ます。

売却後の動き

実際の判断(損切り・利益確定)が的確に実行されたかについてその後の動きを一か月を目途に追いかけて検証したいと思います。

ロゼッタ【6182】前日比-0.22%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。朝方上昇から始まりましたが引けにかけて戻ってきました。かなり上ヒゲ伸びたので明日の動きが気になりますね。引き続き様子を見ていきます。

明日の一手

市場は静かです。先週までは買い増し検討しようと思っていたのですが、なかなか新規で買いに行くには難しい相場になってきました。

基本的には上昇を続けている銘柄は保持していきますが、ルール上、売るタイミングになった銘柄については順次利確を進めてキャッシュポジションを増やしておこうと思います。


 

投資家ブロガーの情報が欲しい方は以下をクリック!

 


 

株式ブログランキングに登録しました。

応援していただける方は是非投票(下記アイコンクリック!)をお願いします!

株式ランキング 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

 

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本 -このブログの元となる考え方が書かれた株式投資の必勝法です-
お薦めの本 -初めてオニールと出会ったのがこの本。投資方法に悩んでいる人は必読の書。自分にピッタリの投資家に出会えますよ-

-2020年01月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.