CAN-SLIM投資日記【2019/7/23】


市場概況と今後の注目点

7月4週目の火曜日。昨日のNY市場は小幅上昇。ハイテク関連銘柄が上昇したようです。天井圏で小幅な動きに終始していますね。明確な材料が出ないと方向感の出にくい展開になっています。

日本市場は上昇。意外にも強い動きを見せています。決算を控えて盛り上がっているとは言えない状況ですが、来週からお盆前にかけての決算の結果で秋以降の傾向が見えてくる感じでしょうか。

しつこく書きますが10月の消費増税はすでに市場は織り込み済みと考えています。秋移行の日本市場の盛り上がりに期待したいところです。

市場動向【価格推移】

本日は全市場上昇です。やや意外な結果でしたね。

新興市場はトレンド転換の瀬戸際です。上に振れる形で市場が展開していくといいのですが。

市場動向【出来高推移】

全体的に昨日よりも上昇してますが、低調な出来高です。決算発表とともに出来高も増加していくといいのですが。

7月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

■医学生物学研究所【4557】前日比+4.96%

医学生物学研究所の選定理由はこちらです。

【2019.4.22】医学生物学研究所【4557】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

オレンジのラインは節目と考える10週移動平均線です。

赤の点線はブレイクライン、青の点線は調整の底と考えているラインです。

本日は大幅に上昇。久々に3,000円を越えてきました。出来高も上昇しています。来週の火曜日が決算発表ですが、やや思惑も含めた上げとなっている感じです。もうちょっと大人しくしてくれていてもよかったのですが。

■総医研ホールディングス【2385】前日比+0.43%

総医研ホールディングスはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.6.16】総医研ホールディングス【2385】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

オレンジのラインは節目と考える10週移動平均線です。

赤の点線はブレイクライン、青の点線は調整の底と考えているラインです。

本日は上昇。今週は出来高を上げて陽線で終わると来週以降につながってくるんですが。

■GA technologies【3491】前日比-3.37%

GA technologiesはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.7.4】GA technologies【3491】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

オレンジのラインは節目と考える10週移動平均線です。

赤の点線はブレイクライン、青の点線は調整の底と考えているラインです。

本日は下落。昨日今日とかなり大きく調整が入っています。変わらず市況が悪い時にガクッと下げたところは拾う方針です。今週は下ヒゲを伸ばす展開が理想ですね。

■マネジメントソリューションズ【7033】前日比-0.95%

マネジメントソリューションズはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.7.1】マネジメントソリューションズ【7033】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

オレンジのラインは節目と考える10週移動平均線です。

赤の点線はブレイクライン、青の点線は調整の底と考えているラインです。

本日は下落。日中は上げておりましたが、引けにかけて下げました。やや勢いを失ってます。このままズルズルと下がらずに反発する動きを見せてくれればと思います。

■北の達人コーポレーション【2930】前日比+0.29%

北の達人コーポレーションはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.6.8】北の達人コーポレーション【2930】の選定理由・その2

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

オレンジのラインは節目と考える10週移動平均線です。

赤の点線はブレイクライン、青の点線は調整の底と考えているラインです。

本日は上昇。一時年初来高値を更新しました。出来高も順調です。今週後半にかけて伸びていってほしいところです。

■ハイアス・アンド・カンパニー【6192】前日比-1.17%

ハイアス・アンド・カンパニーはCAN-SLIMで選定した銘柄です。

【2019.6.23】ハイアス・アンド・カンパニー【6192】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

オレンジのラインは節目と考える10週移動平均線です。

赤の点線はブレイクライン、青の点線は調整の底と考えているラインです。

 

本日は下落。ブレイクライン上はキープしています。まだまだ出来高が上がってきませんね。今週後半に期待したいと思います。

ピックアップ銘柄

■アズーム【3496】

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

オレンジのラインは節目と考える10週移動平均線です。

赤の点線はブレイクライン、青の点線は調整の底と考えているラインです。

本日は変わらず。出来高もほとんどなく動きが止まっています。サプライズの決算がでないと継続的な上昇は難しそうですね。引き続き様子を見ていきます。

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう