2021年03月投資日記

日米市場の展開はシナリオ通り。このまま素直に下落?? CAN-SLIM投資日記【2021/03/31】

投稿日:

50万円投資チャレンジ実績

2021年初めに50万円現物で取引をスタートして、CAN-SLIMをベースに投資をしながらどこまで資産を増やせるか検証していきます。

保有銘柄一覧

本日はノーポジです。。

ポートフォリオ構成

本日はノーポジです。地合いが改善するまでは様子見です。

CAN-SLIM銘柄の買いのタイミング・売りのタイミングをどのように判断しているかについては以下の記事を参考にしてください。

AS Wind流投資手法 株を買うタイミング その1・基本のチャート形状「取っ手付きカップ」

AS Wind流投資手法 売りの戦略と株を売るタイミング

空売りの手法については、「オニールの空売り練習帖」をベースに進めていこうと思いますが、また徐々にブログ記事で紹介していきたいと思います。

ピックアップ銘柄

今後、CAN-SLIM銘柄として投資対象になる可能性のある銘柄のチャートを追っていきます。

買い銘柄候補

Nexus Bank【4764】株価前日比+0.46%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は続伸。ちょっと深すぎるんですがベース形成の動きにはなってますね。。とはいってもここからの上昇には時間がかかりそうな雰囲気です。

エアトリ【6191】株価前日比+1.59%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は続伸。再びブレイクラインを突破したようです。このまま陽線転換して週足を終えることができるか。

Jトラスト【8508】株価前日比-3.32%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は続落。どうやらそこは割れたようです。。当面は戻ってこない感じか。。今週の様子みてピックアップからは一旦外そうと思います。

エスクロー・エージェント・ジャパン【6093】株価前日比-0.33%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。ギリギリ調整してますね。決算は来週末です。そこに向けてどんな動きが見えてくるのか。

ビーイングホールディングス【9145】株価前日比+2.95%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は続伸。出来高は増加しないんですが流れとしてはいい感じですよね。。なんらかの材料供給があれば一気に上昇する可能性もあると思うんですが。。

売り銘柄候補

Zホールディングス【4689】株価前日比-1.71%

直近60日の日足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は続落。出来高増加で下落。ディストリビューションになってます。やはり下落優勢のようです。4日前の530.3を割り込んでくると再び底を探る流れになってきますね。信用買残は相変わらず増加し続けてます。売られ過ぎとみた短期筋の買いが入ってますが下落は止まりません。むしろ当面の売り圧力につながってくる動きになりそうです。

明日の展開次第でデッドクロスが発生しそうですね。そこからの流れに注目してます。

明日の一手

昨日の分析で述べた市場の流れがまだ続いています。一時リバウンドがあるのでなんとなく市場がこのまま上昇するような感覚を持ってしまうんですが、そういう時は日足や週足、月足のチャートを見て今の位置を冷静に把握することが大事ですね。

といいつつもどこでフォロースルーの動きがでるかわかりませんから、先入観を持たずに市場の動きを見ていきたいところです。

ちなみに現在のポジションは実投資を含めてもZホールディングスの売りのみです。

明日から4月になりますが、50万円チャレンジがノーポジで参考にならないと思うので、実投資のポジションについてもやはり載せていこうと思います。元々ブログ更新の負担軽減や少額投資のほうがわかりやすいかも。という意味で今年はスタートしたんですが、結局元のほうがよさそうなので。。50万円チャレンジは続けるので負担増ということになりそうです。(-_-;)

応援していただける方は是非投票(下記アイコンクリック!)をお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

株式ランキング 


 

投資家ブロガーの情報が欲しい方は以下をクリック!

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本 -このブログの元となる考え方が書かれた株式投資の必勝法です-
お薦めの本 -初めてオニールと出会ったのがこの本。投資方法に悩んでいる人は必読の書。自分にピッタリの投資家に出会えますよ-

PAGE 1 PAGE 2

-2021年03月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.