2021年10月投資日記

市場は節目のポイントまで下落。来週は底入れ反転するか CAN-SLIM投資日記【2021/10/01】

投稿日:

CAN-SLIM投資実績

買い銘柄一覧

ベクトル【6058】株価前日比-0.86%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。寄り付きから上昇しましたがその後は下落。週足は悪くなかったと思います。来週からは決算を意識した動きになりそうです。

TOWA【6315】NEW

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

昨日書いた通り今日は号泣しながら買増ししてます。(-_-;) 50万円チャレンジは玉がないので本投資で買い増ししてます。市場分析でみてますがいったんここが市場の調整の底かなと思ってます。後は8%の含み損になれば切るのみです。。

売り銘柄一覧

本日はポジションありません。

50万円投資チャレンジ実績

2021年初めに50万円現物で取引をスタートして、CAN-SLIMをベースに投資をしながらどこまで資産を増やせるか検証していきます。

保有銘柄一覧

TOWA【6315】株価前日比-3.32%

チャートはCAN-SLIM投資実績で分析しています。

ポートフォリオ構成

本日は変わらず。市場が底入れしているようであれば様子見。8%の含み損で損切りです。

CAN-SLIM銘柄の買いのタイミング・売りのタイミングをどのように判断しているかについては以下の記事を参考にしてください。

AS Wind流投資手法 株を買うタイミング その1・基本のチャート形状「取っ手付きカップ」

AS Wind流投資手法 売りの戦略と株を売るタイミング

空売りの手法については、「オニールの空売り練習帖」をベースに進めていこうと思いますが、また徐々にブログ記事で紹介していきたいと思います。

ピックアップ銘柄

今後、CAN-SLIM銘柄として投資対象になる可能性のある銘柄のチャートを追っていきます。

買い銘柄候補

SEMITEC【6626】株価前日比+0.80%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は上昇。陽線にはならなかったもののこの地合いでトレンドラインはなんとかキープしました。まだまだ強そうですね。

フィル・カンパニー【3267】株価前日比-1.81%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。下落したものの悪い位置ではありませんね。決算も近づいていますが来週以降にブレイクの動きが見えてくるか。

ビーイングホールディングス【9145】株価前日比0.00%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は変わらず。こちらもいい位置で終了しています。来週も高い位置で寄り付くかどうか。

クロスキャット【2307】株価前日比-1.51%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は続落。流れはまだ継続してますね。来週の寄り付きの位置がどの辺になるのか。

Sharing Innovations【4178】株価前日比-6.07%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は続落。厳しい下落となりました。10週移動平均線まできてますがこれ以上大きく崩れないと思ってます。時間はかかるかもしれませんが上昇に向かうと見てますがどうなるか。

売り銘柄候補

IRJapan HD【6035】株価前日比-2.34%

直近60日の日足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は続落。下落が続いてますが市場が底入れしたら反発の流れになりますかね。来週以降の動きもじっくりみていこうと思います。

明日の一手

市場は一旦の調整の目安と思っていたところまでは下落してきました。来週以降反発の動きが見えてくるかどうか。強く戻すならいいですが、リバウンドが弱いようなら早々に崩れるかもしれませんね。その辺を気にしながら様子を見ていきたいと思います。

応援していただける方は是非投票(下記アイコンクリック!)をお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

株式ランキング 


 

投資家ブロガーの情報が欲しい方は以下をクリック!

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本 -このブログの元となる考え方が書かれた株式投資の必勝法です-
お薦めの本 -初めてオニールと出会ったのがこの本。投資方法に悩んでいる人は必読の書。自分にピッタリの投資家に出会えますよ-

PAGE 1 PAGE 2

-2021年10月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.