2020年02月投資日記

コロナの影響で週明け市場はどう動いた? CAN-SLIM投資日記【2020/2/17】

投稿日:

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資でも「M」の要素として取り上げられている非常に重要な市場の流れについて分析します。

NYダウチャート分析

先週末は下落。引き続き上昇の中の調整と見られる動きです。月曜日が休場ということもあるのか出来高は低調な流れでした。NY市場はコロナの件でいまのところ大きな混乱は生じていないという感じがします。休場明けに最高値更新の流れを継続すると日本も少し息を吹き返すかも(^-^;

日経平均チャート分析

本日は下落。週末にかなり深刻なコロナウイルスの実態が見えてきました。しかし朝方こそ低く始まったものの、その後は株価を上昇。午後にGDPの悪化も伝えられましたが比較的しっかりとした動きだったように思います。チャートも下ヒゲを伸ばした形。出来高も売りの圧力上昇には見えません。

今晩はNY市場がお休みです。明日は日本市場の底堅さを図るには絶好の機会かもしれません。

JASDAQ平均チャート分析

本日は下落。本日の下落をディストリビューションと判定するかには悩みました。。しかし引けにかけても上昇する気配は無し。ほぼディストリビューションといっていい動きです。明日以降も続落すると厳しい展開が待っている感じです。

マザーズ指数チャート分析

本日は下落。出来高上げて続落。。ディストリビューションです。みんな逃げていってますね。。非常に良くない流れです。日本の新興銘柄はそんなに魅力がないんでしょうか。。

ですが、どこかで必ず盛り返すはずです。マザーズ銘柄については、次の大化けにつながりそうな調整銘柄がないかスクリーニングしておこうと思います。

結果としてN-〇倍率は以下のようになりました。日経平均が思ったより底堅い動きを見せる中で中小型株には厳しい地合いでした。

 


 

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格推移】

新興市場には厳しい流れでした。日経平均は底堅い動き。

市場動向【出来高推移】

マザーズは相当な売り圧力がかかっているようです。

2月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

日本M&Aセンター【2127】前日比-2.54%

日本M&AセンターはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 日本M&Aセンター【2127】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。始値の位置としてはそんなに悪くないと思います。厳しい市場環境ですが、しっかりと10週移動平均をサポートに耐えてほしいですね。決算下落からの戻しを見る限り、大口のサポートがあるようにみえます。売られる銘柄ではないと思います。

イントラスト【7191】前日比-1.38%

イントラストはCAN-SLIM推奨銘柄です。

【推奨銘柄】イントラスト【7191】のCAN-SLIM分析

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。ピボットラインと10週移動平均をキープ。先週クライマックストップとなる上ヒゲの長いチャートを形成。市場環境も厳しいので一部売却しました。今週ピボットポイント切ったら撤退です。

クリエイト・レストランツ・ホールディングス【3387】前日比-3.09%

クリエイト・レストランツ・ホールディングスはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 クリエイト・レストランツ・ホールディングス【3387】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。始値の位置はよかったんですが下落。今週はここからしっかりと下ヒゲを伸ばして陽線で終わってほしいところです。調整の雲を割らないうちはキープしていきます。


 

CAN-SLIM銘柄の買いのタイミング・売りのタイミングをどのように判断しているかについては以下の記事を参考にしてください。

AS Wind流投資手法 株を買うタイミング その1・基本のチャート形状「取っ手付きカップ」

AS Wind流投資手法 売りの戦略と株を売るタイミング

ピックアップ銘柄

今週のピックアップはお休みです。あしからず。。

売却後の動き

実際の判断(損切り・利益確定)が的確に実行されたかについてその後の動きを一か月を目途に追いかけて検証したいと思います。

ロゼッタ【6182】前日比-4.36%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。底を割ってしまいましたね。。始値も低い位置。マザーズ銘柄には厳しい状況です。復活するにも時間がかかりそうですね。

一時は上昇したものの、やはり四半期利益の悪化は継続的な上昇にはつながらないようです。売却の判断としては正しかったのかなと思います。一旦ロゼッタのウォッチは外そうと思います。

チームスピリット【4397】前日比-3.46%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。始値の位置は悪くないですね。マザーズが厳しい中でこの辺で調整が続くことは底堅さを確認できていい流れだと思います。

ラクス【3923】前日比-4.44%

ラクスはCAN-SLIM推奨銘柄です。

CAN-SLIM推奨銘柄 ラクス【3923】の選定理由

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

本日は下落。始値の位置も低い。決算の増収に対するプラス評価は期待できませんね(^-^; マザーズの負の流れに押されています。

浮上してくるのには時間がかかりそうな展開です。

明日の一手

週末のコロナウイルスの状況悪化で固唾をのんで市場のオープンを待った人も多かったと思います。結果、日経平均は意外と底堅い動きを見せましたが、新興銘柄はかなり下落したものが多かったようです。

デイトレーダーは気にしなくていいことですが、中長期投資をする人にとっては、この下落がその銘柄にとってどういう意味を持っているのか?チャートをしっかり観察することが大事だと思います。

地合いが悪い時に、横這いで調整している銘柄は次の上昇時には先行して上がってくるはずです。片やサポートするラインなどから値を崩してきている銘柄は売り圧力が高まっているため、下落を加速させる危険があります。

その辺をしっかり見極めてホールドするかリリースするか決めていくことが大事だと思っています。

さて、そういう視点でいくと現在保有している銘柄はしぶとく横這いの動きを継続していると思います。当然今後の市況悪化でサポートするラインを切ったら撤退する方針です。

本日の一部売却でキャッシュポジションは資産の75%程度になりましたが、いまのところ市況が良くなるまでは新規で買う予定はありません。ですが、上記で書いた通り、下げ相場で次の上昇まで耐えている優良銘柄が必ずあるはずです。

いまのうちにそういった銘柄をしっかりと見つけておこうと思います。


 

応援していただける方は是非投票(下記アイコンクリック!)をお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

株式ランキング 


 

投資家ブロガーの情報が欲しい方は以下をクリック!

 

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本 -このブログの元となる考え方が書かれた株式投資の必勝法です-
お薦めの本 -初めてオニールと出会ったのがこの本。投資方法に悩んでいる人は必読の書。自分にピッタリの投資家に出会えますよ-

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

下記をクリックしてRSSに登録よろしくお願いします!
follow us in feedly

-2020年02月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.