2020年06月投資日記

市場は停滞だが個別銘柄の物色が続く CAN-SLIM投資日記【2020/6/24】

投稿日:

皆さんこんにちは!「あずさん」ことAS Windです。

今日はお休みを取ったので、少し余裕を持ってブログを執筆。市場もつまらん展開で(^-^; ついつい昼寝。少しリフレッシュできました!

市場はちょっと停滞してますね。。ベース形成の動きにも見えます。大口が動かないと市場全体の動きには変化は見えなさそうです。一方で一部の個別銘柄は個人の需給で大きく動いているかんじ。

株価の動きが大きいとついつい短期的な値幅取りにいきそうになるけど、自分のスタイルはそうではないので引っ張られないように気を付けたいところです。

それでは本日の分析スタートです!!

各市場チャート分析

CAN-SLIM投資において「M」の要素は市場の流れですが、他の6つの要素が揃っていたとしても市場の流れが悪ければ結果は伴わないとオニールは述べており、ある意味最も重要な要素となります。ここではNY市場の動きも含めて主だった市場の流れについてオニールの分析手法を用いて日々分析して市場の流れを把握していきます。

市場の具体的な分析方法については以下の記事を参照してください。

NYダウ/NYSE総合株価指数/NASDAQチャート分析

なんか抑揚のない展開だったなぁ。朝方高く始まってそのまま横這いの動きで引けてます。出来高は増加。とはいっても低い出来高で推移。先日の天井から下落してややリバウンドしてからはベースを形成するかのような動き。

一方、NYSE総合株価指数はどうだったか。

こちらも展開はほぼ同じ。出来高は横這い。ベース形成の動きになっている。当面は低調な動きが続くのかな。

一方、NASDAQ総合指数はどうだったか。

朝方高く始まってジリジリ上昇。午後はズルズルと下げて引けてます。最高値更新してます。出来高は増加。う~ん、難しい局面だなぁ。。直近のストーリングとディストリビューションは結構出来高を伴っているので明確な売り抜けの流れにも見えるし。。

NASDAQの動きはよく見ておいたほうがいいかな。

日経平均/TOPIXチャート分析

今日は低調な動き。小高く始まったところから横這いの動きをしつつもやや切り下げる展開。そのままマイナス圏に落ちて引けています。出来高は減少。出来高を落として横這いの動きを続けるベース形成の動きです。

対してTOPIXの動きは以下の通りです。

日経平均とほぼ同様の展開。スタート位置がマイナスだった分、ダイバージェンス(乖離)が拡大。出来高は減少。こちらも低調な動きでベース形成の動きになってるな。。

12時時点の騰落数は、上げ704:下げ1,351:不変100

不動の一位、みずほをポンツー(日本通信)が久々に追い抜きましたね。で、材料はなんだったんだ??まぁ個人に人気のある日本通信ですから、最近の個人中心の相場を象徴する流れかもしれないなぁ。いつもの銘柄は出来高前日比も株価も下落。低調な動きに終始。

増々値動きのいい銘柄に需要はシフトしそうな雰囲気。個別銘柄と市場の動きに温度差を感じますね。当面はこの流れが続くのかな。

JASDAQ平均チャート分析

JASDAQも小幅な動きに終始。プラス圏で横這いの動き。後場に一時マイナス圏に落ちるも上昇してプラス圏で引けてます。出来高は減少。

12時時点の騰落数は上げ281:下げ262:不変65

低位株祭りが継続。しかしそろそろ上昇一辺倒という訳ではないようですね。出来高の割に市場平均の動きが小さいということは、出来高上位ランキングのように上がるにしても下がるにしても大きな動きになっているのかな。

マザーズ指数チャート分析

終値ベースで高値更新。朝方上昇して始まるもその後はズルズルと下落。最後にやや上昇して引けています。出来高は減少。天井圏での動きが続いてますね。

12時時点の騰落数は上げ188:下げ119:不変12

4500番台(医薬系)の出来高は昨日に続きすっかり収まってる。株価も下落気味なのかな。。

上位の市場占拠率は下がったけど全体出来高が高い傾向は続いている。市場としては売買が活況なようです。医薬系銘柄を集中的に売買していた投資家がターゲットを他に移してきたのかな。ウォッチ銘柄みても個別銘柄の物色は続いているようですからね。

なんか少しでもいいニュースがあると買われる展開になっている感じ。。どこまでこの流れ続くんだろうか。。

このブログで取り組んでいる市場分析について、詳しく勉強したい方は以下の本を参考にしてみてください。根気よく取り組んでいけば、市場の流れを見極める力が絶対上がると思います。

それ以外にも買いのタイミング、売りのタイミングなど株式投資に必須の知識が網羅されています。この本を完璧にマスターすれば、あなたも投資で必ず成功できると思います。

さらにCAN-SLIM投資を極めたい方はこちらの本でみっちり勉強してみてください。投資で成功するためのエッセンスが詰まっている良書です。

市場動向【価格/出来高】

全体的に小幅な値動き。個別銘柄は結構激しい動きのようだけど市場に影響を与えるような動きにはなりませんね。

個人の物色は続いているようですが、出来高は減少。マザーズは医薬系から他の銘柄に需要が移ったような感じ。数字以上に活況な感じします。

6月分 CAN-SLIM投資銘柄実績

買いポジション

Fringe81【6550】株価前日比+14.75%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

子会社が手掛ける「Unipos」がIT導入補助金2020の対象ツールに認定されたことを材料にしてS高となった模様。私がこの銘柄を選んだ理由も「Unipos」事業の成長にあります。CAN-SLIMの「N」に当たる要素ですね。

図らずもいいタイミングでIRが出たなぁ。ラッキ―以外のなんでもない。(^-^;市場もポジティブな材料にはポジティブに反応するわかりやすい環境なのも幸いしたか。あとはしっかりとこの水準をキープして週を終われるかです。すぐに下落するようだと材料としては弱い感じですね。

引き続き様子を見ていきます。

売りポジション

本日の売りポジションはありません。。

CAN-SLIM銘柄の買いのタイミング・売りのタイミングをどのように判断しているかについては以下の記事を参考にしてください。

AS Wind流投資手法 株を買うタイミング その1・基本のチャート形状「取っ手付きカップ」

AS Wind流投資手法 売りの戦略と株を売るタイミング

空売りの手法については、「オニールの空売り練習帖」をベースに進めていこうと思いますが、また徐々にブログ記事で紹介していきたいと思います。

ピックアップ銘柄

今後、CAN-SLIM銘柄として投資対象になる可能性のある銘柄のチャートを追っていきます。

オプティム【3694】株価前日比+1.48%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

朝方上昇するもその後はズルズル下落。マイナス圏まで沈んだけどそこから上昇して引けています。出来高は減少。だいぶ出来高減ったなぁ。調整が続いています。兎に角、急上昇した銘柄は二週間は様子見です。

引き続き様子を見ていきます。

ALiNKインターネット【7077】株価前日比+10.20%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

朝から急上昇。一旦調整に入ったが後場はジリジリ上昇して高値圏で引けてます。出来高は増加。今週下げた分を一気に取り戻した。昨日までは振い落しの動きかな? もう一週は様子見てこうと思います。

ロジザード【4391】株価前日比-0.50%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

朝方高く始まった後はズルズルと下落して安値圏で引けています。出来高は増加。ピボットライン上で推移。ここで粘って調整するかな。。

引き続き様子を見ていきます。

イノベーション【3970】NEW

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

理想的な取っ手付きカップの形状だよなぁ。。とボケッとみてたらあっという間にブレイクしていったイノベーション。(´;ω;`)

急激に上昇をして一回目の調整に入ってます。この形、次の上昇につながる展開だと思ってるんですが、短期間にこれだけ上昇して勇気のいるところではあるんですけどね。。

とりあえず今週の動き、来週の始まりを見ながら検討したいと思ってます。

売却後・買戻し後の動き

実際の判断(損切り・利益確定)が的確に実行されたかについてその後の動きを一か月を目途に追いかけて検証したいと思います。

チームスピリット【4397】株価前日比+1.49%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

朝方上昇してその後はやや切り下げながら横這いで引けてます。出来高は減少。調整の動きが継続。このまま横這い傾向が続くといいですね。

引き続き様子見ていきます。

チエル【3933】株価前日比+2.41%

直近30週の週足チャートと出来高は以下の通りです。

朝方急上昇してその後はもみ合いの動きで引けてます。出来高は増加。こちらも調整の動きが継続。下げないで横這いの動きが続くといい感じかな。

引き続き様子を見ていきます。

明日の一手

市場の動きは低調な感じですが、個別株は活況な様子。材料には素直に反応するあたり、個人中心の物色相場が続いている感じです。

明日は投資家別売買動向が引け後発表なので、大口の動きがどうだったかチェックしておこうと思います。

ウォッチ銘柄も調整の動きに入っているか大きくブレイクするかの動き。基本的にはポジティブな展開が続いている。ところが、市場の動きは微妙。。なんとも新規で仕込むには躊躇する展開です。

直近で買う予定はないですが、週足の動き次第では来週もしくは再来週買いたい銘柄もいくつかある。。大口の動きがどうなるのか気になるなぁ。。

市場の下落は7月限と8月限でプットオプションを仕込んで備えているので、ウォッチ銘柄を中心にそろそろとポジションを増やそうかな。。いつでも逃げる意識は持っておこうと思いますが。

引き続き市場の動きと個別銘柄の動きを見逃さないように観察していきます。

応援していただける方は是非投票(下記アイコンクリック!)をお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 

株式ランキング 


 

投資家ブロガーの情報が欲しい方は以下をクリック!

CAN-SLIM投資とは?

CAN-SLIM投資の各要素の考え方については以下の記事を参考にして頂ければと思います。

1.「CAN-SLIM」のC(Current Quarterly Earnings) -直近四半期利益-

2.「CAN-SLIM」のA(Annual Earnings Increases) -年間利益の増加-

3.「CAN-SLIM」のN(New Products,New Management,New Highs) -新製品、新経営者、新高値-

4.「CAN-SLIM」のS(Supply and Demand) -株式の需要と供給-

5.「CAN-SLIM」のL(Leader or Laggard) -主導株か停滞株か-

6.「CAN-SLIM」のI(Institutional Sponsorship) -機関投資家による保有-

7.「CAN-SLIM」のM(Market Direction) -株式市場の方向-

お薦めの本 -このブログの元となる考え方が書かれた株式投資の必勝法です-
お薦めの本 -初めてオニールと出会ったのがこの本。投資方法に悩んでいる人は必読の書。自分にピッタリの投資家に出会えますよ-

-2020年06月投資日記

Copyright© 「CAN-SLIM」で100億の資産をつくる投資研究ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.